[ カテゴリー » カイヌシ ]

ケーでピー@カイヌシ編

らくさんに、いってきまーすと挨拶をして労働へ。
09110703
寝ぼけてる



仕事先でお昼に天丼を食べたら、夕方近くになって様子がおかしくなってきた。
「もしかしたらワシ気持ちが悪いかも。」
と気がついてから、
「ギボヂヴァルイ~!!」
になるまでの所要時間は約5分。


リバースしそうだよーいっちゃん助けて~。
トイレに行きたい。
しかしスチール撮影の真っ只中で、場を離れられないし、事情を話して周りのスタッフに余計な気を遣わせるわけにもいかない。
もちろん、その場でリバースすることは絶対にNG(普通はしないがな)。
おまけにトイレは、スタジオの片隅にくっついているのだが、そこでケーッとやったら絶対にみんなに聞えるんじゃないか?
という絶体絶命のシチュエーション。


ど、どうしよう~。
頭の中の半分は「マズイヤバイ、マズイヤバイマズイヤバイ」でいっぱいで、
残りの半分では「こういう状態のときに強制給餌されたら、どういう感じがするか?」と考え続けていたのだが。
考えるまでもなく、どうもこうもないな。
口の中に食べ物どころか、食べ物を見たり匂いをかいだりしただけで、ピュっと飛び出るぞ。
つまり、今のような状態のときに強制給餌はありえない。
でもでも、風邪とかひいてダルくて食欲がないようなときでも、食べ始めたらお腹がすいていたのに気がついて食べられることも多いし。
そういうときには、誰かが食べ物を用意してくれたら、助かるしありがたい。
でもでもでもでも、この気持ち悪いときに・・・


なんてグルグル考えていたら、セッティング替えでちょっと休憩になった。
「ちょっと外で電話してきます~。」なんて言い訳して、スタジオの事務所に行って理由を話し、従業員用のトイレを借りることに。
で、個室に入るなり逆噴射して、あんまり勢いが良かったので「間欠泉かっ!」なんて自分で突っ込みを入れていたら、お腹までピーになった。
思わぬ展開に焦ったが、上下から出たらだいぶ楽になったので、ほっとしつつ個室のドアを開けたら。
すぐそこで、なにやら片付け物をしているスタジオのお兄さんの姿が。


ケーとかピーとか、派手な音がお兄さんにダダ漏れでしたわねーオホホホホっ。
・・・・・。
・・・・・しかたあるまい。
お兄さんだって、ケーとかピーとか、することあるだろ。
そう考えて無理やり立ち直り、仕事に戻った。
気分が楽になったので労働に支障はなかったが、胃も腸も調子が良くない感じがヒシヒシとして、今日はそれ以降、何も食べられなかった。


食べないと元気にならない。
真理である。


しかし、『食べないで休ませる』ということが必要なこともある。
食べ物を消化・吸収するのは、体力が要る仕事なんじゃないかと思う。
体調が良くないときは、消化吸収に費やされるエネルギーを節約して、ひたすらじっとしていたほうが、早く回復することがあるような気がする。
あるいは、消化吸収できるだけのエネルギーが身体にないときに、無理して食べてもいつまでも胃の中に食べ物が残っていたり、ピーになったりするのかもしれない。
今日のワタシは、そんな感じだった。
ちょっと疲れていたと思うのだけど、そこに天丼弁当は胃に負担が大きすぎて、処理できなかった感じ。
元気なときなら、ちょっとくらい油が古かろうが平気なんだし。


でも、『何も食べないで身体を休ませる』という方法が有効なのは、ニンゲンならせいぜい丸1日くらいではないか?(注・根拠のない素人の憶測)。
食べなければ身体を削ってエネルギーに変えることで生命を維持するしかないので、絶食状態が続くようなら、点滴等の何らかの方法での栄養補給が必要になってくる。
猫も同じで、食べない期間が長ければ、それだけ身体への負担も大きくなっていく。


ってことで、話はここに戻る。
『強制給餌をするべきか、しないべきか』


延々と7年近く考え続けているのだが、いくら考えたって、答えは出ない。
状況によって、そのときどきで『より良いと思われる対応』は違うのだから、今悩んでも意味がない。
でも私にとって、強制給餌は永遠の命題のようなもの。


するべきか?しないべきか?
必要ならするし、しないほうが良いなら、しない。
そこまでは理解しているけど、必要か不必要かの見極めができるのかワタシ?
と、またまた延々と考える。
大げさな言い方だけど、ワタシは強制給餌がヘタだし苦手だから、よけいにビビるよ。

— posted by hipi at 11:19 pm  

無駄で成り立つこともある

カイヌシ、仕事が渋谷で終って時間も早かったので、久しぶりにタワーレコードへ。
しばらく前からCDはネットでばかり買っているが、『現物を手にとって購入する』ということがしたくなり、店でCDに囲まれてウハウハの時間を過ごした後、レジでお会計。
「ポイントカードはお持ちですか?」
と聞かれて、そういえばタワレコのポイントカード持ってたなと思い出し、でもそれをどうしたかは憶えていないので新しいカードを発行してもらって帰宅。


今のご時勢、どこの店で買い物をしてもすぐに「ポイントカード」と言われるが、すべて作っていたらカバンの中がポイントカードだらけで身動きができなくなりそうなので、たいていは断る。
しかし、定期的かつ頻繁に行き+それなりの金額の買い物をする店でだけは作ってもらう。
それでもけっこうな枚数になるのだが、今はネットで買い物をすることが多くなったので、持ち歩いているポイントカードはかなり減った。
・・・で、以前によく使っていたポイントカードってどうしたっけ?


帰宅してからデスク周りをゴソゴソ捜すと、使っていない財布からまとめて出てきた。
ちゃんとまとめて仕舞ってあるじゃん、ワシ、グッジョブ!
と自分を褒めつつカードを確認すると、すべて期限が切れてポイントが失効していることが判明。
タワレコのカードには7千円分くらいのポイントがあった。
3万円くらいのポイントが溜まったまま期限切れしている服飾品屋のカードもあった。
ペットショップのは2千円くらい。
仕事関係の問屋のは5千円くらい。
それからすっかり忘れていたが、航空会社のマイレージカードもあって、当然ながら期限切れ。


バンコクやハワイあたりなら、無料チケットがもらえるくらいのマイルが溜まっていたのにな。
一瞬、ああもったいないタダでタイに散歩に行けたのにと思ったが、ラクシュミーと離れて旅行に行く気はあるのか?
と自問自答してみると、ぜんぜんないな。
もう今生では旅は打ち止めにするつもりで、ラクシュミーをもらったのだし。
そのうちワタシがシんだら、いっちゃんに迎えに来てもらって、いっちゃんの背中に乗って、世界中どこにでも行くからいいんだ。


ってことでマイレージはまあいいし、ペットショップ2千円と問屋5千円もいいやと思うが、タワレコ7千円はもったいなかった。
輸入版ならCD3枚以上買えるよ~。
服飾品屋の3万円ぶんは、失効したポイントがもったいない以前に、いったいどんだけこの店で買い物したんだオレ?と自分で呆れた。
ワタシの人生って無駄で成り立っているんだな。
しみじみ。
09102135
ひつような

09102122
ムダもある、みょん

09102310
ハラニクとかハラニクとかハラニクとか



カイヌシも無駄が大過ぎの人生だが、らくさんの腹無駄肉もなあ。

— posted by hipi at 11:03 pm  

水没記

昨夜遅くのこと。
メーラーの乗り換えが一段落し、やれやれとトイレに行きジーンズを下ろしたら、ガチャボチャンという音が。
はっと振り向くと、携帯電話が水没していた。
ぎゃ!
ケツポケットに突っ込んでいたのを忘れていた。
軽い一難が去ったと思ったら、また次の一難が・・・
09101708
オレさまは

09101712
ケータイ、なんか、なくたって

09101713
にんむ、すいこう

09101724
かんぺき、みょん

09101728
みはりとパトロールと

09101737
おしっこかけ、みょーん



以下、携帯電話に水浴びをさせてしまったときの対処法&顛末記。
興味のある方だけドゾ。
もっと読む»


1)可能な限り、素早く拾い上げる。
その際に、ボタン類に触ってはいけない。
たとえ電源が入ったままでも、オフにしようとしてボタンを押してはいけない(ボタンを押した瞬間に通電してショートするかも・・・しれないらしい)。
・・・
2)使用前のトイレだったら、そのままタオルなどで、可能な限り素早くササっと表面を拭く。
使用後だったら、丸ごと水洗いしたのち拭く。
・・・
3)ざっと拭いたら、バッテリーとFOMAカード(ドコモの場合ね)とsdカードなどを抜く。
・・・
4) 拭ける所は全て丁寧に拭く。
・・・
5)ドライヤーの冷風を全体に当てる。
・・・
6)ブンブンと降る
・・・
7)すき間などから水滴が出てくるので、拭き取る。

5)、6)、7) をしつこく繰り返す。

8) 乾燥に適した場所に放置する。

去年9月に水没させたときには、出先だったこともあり、1時間ほどテーブルの上に放置しただけでバッテリーを戻して電源を入れてみたら、普通に使えた。
音声がこもったようになっていて変だったけど、スピーカーに残っていた水が飛んだらしく、翌日にはそれも直った。
ディスプレイ内にもわずかに水分が入っていたが、それもそのうち消えた。
何事もなくそれから1年以上が経っていたが、これは特別に運が良かっただけなので、お勧めしない。
内部に水分が残っている常態で電源を入れると、ショートしてパーという危険あり。


昨夜の水没は、ディスプレイ内にしっかり水が入っているのが見えたので、バッテリーもカード類も戻さずに開いたまま放置。
自然乾燥を待つことにする。
もしもトイレ使用後に落としてしまった場合は、このあたりで消毒用アルコールなどで表面を拭いておくのもよろしいかと。
乾燥させるために無水アルコールにつけるとか、シリカゲルや生米に埋めるとかいう技もあるそうだが、ワタシはそういうのはヤル気はない。
シリカゲルや米に埋めなくても、乾くときには乾くじゃろう。

9)以前の携帯を引っ張り出して、充電した後にFOMAカードを挿す。
普通に使えるから、しばらくはオッケのはず。
で、次の選択肢としては


a)それでしのぎつつ、水没した携帯が生き返るかどうか様子を見る。
b)新しい携帯を買う。


なんだが、ワタクシの以前の携帯はひどく使いにくい上に、バッテリーがイカレている。
使いづらい昔の携帯に、新しい電池パックなんか買いたくない。
それならお金は余計にかかっても、新しい機種を買ったほうが気分的にマシ。
でも水没した携帯が復活してくれれば、それで万事オッケなんだけどなあ。


そして今朝。
ディスプレイに残っていた水が消えていたので、電源を入れてみた。
普通に入るけど、時計が初期化されている。
メールやアドレス帳などのデータは残っている。
しかし、電源を入れてディスプレイが明るくなってみると、もやーっとストライプ模様があるのが見える。
水滴は飛んだように見えても、内部に水分がまだけっこう残っているらしい。


やれやれダミダコリャってことで、再び電源オフにしてバッテリーも抜く。
で、しばし考えた。
今日明日くらいに乾燥完了して復活してくれればいいが、それ以上かかるようなら、仕事に差し支える。
つか、乾燥完了しても完全復活してくれるかどうか分からん。
様子を見るにしても、古い携帯の電池パックは買いたくない。
ならもう、新しいのを買うしかないですわねアハハハハ。

1分で結論が出たので自転車で店に走り、新機種購入。
そこで教えてもらったのだが、ワタクシ、もしも水没させたら6000円弱で新しい同機種の携帯を届けてくれるというオプション保険に加入していたのであった。
一瞬悩んだが、気分は『新しいの』になっていたので、結局保険は使わず。
時間がなかったので、電話帳お預けサービスからデータを復旧させることにして、店でデータの移行は何もしてもらわなかった。

新品で中身スカスカの携帯を持って、午後から夜まで所用のため外出。
これから、いっちゃんやラクシュミーの写真を移さねば。
労働中に眺めて「にへら~」っとするために必要ですからね♪


・・・翌日追記・・・
電源を入れてみたら、pcでいうところのブルースクリーンが出て、機能をチェックするからキーを押せとか書いてあるので適当に押していたらTVがNGとか出た。
これ、TV機能はないはずだけど?
と思っていたら、それきりフリーズ。
今回は復活ならずか。
10日後くらいに、また電源を入れてみよう。
どうしても取り出したいデータなどはないのだが、面白そうなのでやってみる。
どうせダメなら分解してみようかな~。

— posted by hipi at 11:00 pm  

送信の不具合

09101602


痩せて見える!
らくやアナタすっきりスリムに写っているよ!


09101601


いやいや、そうじゃなくて。


09101603


そうそう、このポーズだと痩せてるんだね!


09101607


いやいやいやいや、おっぴろがったら腹デブがバレるから~。


なんつってノホホンと遊んでいたら、またPCの不具合ですよ。
ワタシから送信したメールがいくつかが、先方に届いていないことが判明。
ちょっと実験してみたら、約80%の確率で届かない。
100%ならサーバーの不具合とかも疑うけれど、ときどきは届くという中途半端さでワケ分からん。
普通に受信も送信もできていたから、そんなことになっていたとは思わなかった。
送信のときにエラーも出ないしな。


ワケ分からんがこのままでは困るので、アレコレいじっていたら、メールの本文を書こうとするとソフトごとフリーズするという事態になった。
直んないし。
メンドクサ~。
ってんで、あっさりと今までのメーラーを見捨てたワタシ。

ずーっと長年officeのoutlookを使ってきたが、起動が遅くてモッサリ重いし、もっとサクサク働いてくれるメーラーに乗り換えてやる。
何にしよっかな~。
って、メンドクサイからOutlook Expressでいいよもう。
すでにPCに入ってるから起動するだけだ。

設定やデータをoutlookからOutlook Expressにインポートして、あっさり一件落着。
しかしoutlookに書き込んでいたスケジュールはどうしよう?
メールの用がないのなら、あのような重いソフトをわざわざ立ち上げる気がしない。
それはそれで、何か別の軽いソフトをそのうち捜そう。


09101313
おもいって、いった?かるいのに、かえるって?

パソコンの話です。猫のことじゃありません。
09101320
だよね~


— posted by hipi at 11:10 pm  

生タラで取引&junoメモ

カイヌシがJuno Reactor@恵比寿で踊っていた間、ラクシュミーさんはお留守番。
カイヌシ帰宅後、らくさんはお留守番代として、今年初物の生タラ(の煮たの)をゲット。
らくは食べるのがヘタで、ご飯でもお水でもお皿から盛大にこぼすのだけど、ふと気づくとこぼれた生タラのカケラまで一片残さずきれいに食べてあった。


らくや。
これで貸し借りなしだよね?
09101015
カイヌシなくとも

09101106
なまタラあれば


以下、Juno Reactorのライブメモ。
ごく個人的な記録メモで、Juno Reactorに興味のある人にとってもない人にとってもまったく役に立たないものなので、スルー推奨。
もっと読む»

Juno Reactorライブ@恵比寿303。
前売りチケット7500円(当日券は9000円)。
会場入り口でボディーチェックあり。
会場内はセキュリティーだらけ。


肝心のライブは、音が悪すぎ。
音質もいいかげんヒドいが、バランスがあんまりだ。
仕方がないので、最前列から2列目にいたのをいいことに、ベンの顔を見て踊ろうとしたが・・・
べ、ベン?
いったい、いつの間にそんなお姿に?
以前はいまいち垢抜けない兄ちゃんという印象だったが、今日はなんつうか、70年代グラムの片鱗を引きずっているというか(実際にそういう年代の人だけど)、英国版ちょっと若くなった三輪明弘さんというか、年をとって恰幅のよくなったマイケルジャクソンというか。


以前の服装=どうでもいいようなTシャツ&もっとどうでもいいようなパンツ。
今日=黒いパンツ&黒いシャツで、袖口をヒラヒラさせながらギター弾いてた。


以前のヘアスタイル=天然パーマ気味の金髪短髪。
いかにも英国人男性の標準的ヘアースタイル。
今日=真っ黒けのストレートで肩までのセミロング。
サイド、つまり顔の輪郭にかかる部分だけ金髪。


以前の顔=見るからにすっぴん。
今日の顔=顔がやけに青白くて、目元にちょっぴりゴシック調のメイクをしていたように見えた・・・けど・・・。
ど、どうなんだろう?


junoのライブに来たのは3回目だが、前回から8年ぶりなので、いつからこういう姿になったんだろうと思いながらベンの顔を見ていたら、ものすごーく久々に
『大顔連』
という言葉を思い出した。
ボーイ・ジョージ、元気かなあ。


曲は新曲と昔の曲が半々くらい。
一番新しいアルバムは、はっきり言ってしまうと、juno終った・・・とワシは思った。
サイケデリックもトライヴァルトランスも、遥か彼方になりにけり。
でもそれは、ミュージシャンとしてのベンが終ったという意味ではなくて、ワタシの中でのjunoが終ったということで。
聞く側の勝手な好みの問題。


今日のメンバーは、ボーカルの白人女性1人(TAZ Alexander)、黒人男性1人(Ghetto Priest)。
パーカッション(Mabi Thobejane&アマンポンド?)が2人。
ギターは、ベンと日本人男性(スギゾーさん)の2人。
ドラムに白人男性1人(Greg Ellis?)。
キーボードもベン。
総勢7人の縮小構成。


パーカッションのおっちゃんたちは、相変わらずのとてつもないリズム感&笑顔がキュートだった。
女性ボーカルのTAZ は迫力だった。
ドラムの人は終始、満面の笑みで叩いていた。
スギゾーさんは、ワタシがいた上手とは逆の側で弾いていたので姿はあまり見えず、しかも音響バランスがめちゃくちゃだったので音はほとんど聞えずだった。


そして、ベン・ワトキンス。
音がアレとはいいつつ、楽しそうにギターを弾くベンが見れたのは嬉しい。
外見が変わっても、ギターを弾く様子はちっとも変わっていない。
ベンはキーボードも弾くし、作曲家とかプロデューサーとしての知名度のほうが高いのかもしれないが、やっぱりギタリスト・・・つか、ギターキッズなんだなあと思った。


でもって、オレ。
屋内の会場なので野外レイヴのようなわけにはいかないが、それなりには踊ってきた。
ダンス音楽のライブ会場でほとんど最前列にいたら、踊ってナンボ。
だから、周りを見ないで踊り狂ってるヒトがぶつかってきても、足を踏まれても、怪我人がでそうなほどではなかったらぜんぜんオッケ。
ちょっと後のほうで、音がひどいねーとかボヤキながらまったりと聴いているのもよろしいかと。
楽しみ方は人それぞれだから、なんでもアリなんだよ。


だ-けーどー。
アンコールの最後の曲のときに突然、どこからともなくキャーキャー叫びながら隣に現れて、
「あのひとー、えっくすじゃぱんのひとー!!」
「じゃぱーんじゃぱーん!!」
「えー、しらないーい!!」
「きゃはははは~!!、じゃぱーんだってー!!!!」
と、頭の天辺からピーピーと超音波声を出しながら最後までずーーーっと絶え間なくしゃべり続けていたオンナ2人だけは、カンベンしてくれと本気で思った。
なんせすぐ横にいたもんで、演奏されている曲よりも超音波のほうがでかい。
junoのライブには子供はめったにいないのに、なんで最後の最後になって、ワシの隣にギャルが湧いて出るのだ。
よりうるさかったほうの一人は、昔の神田うのさんにちょっと似ていて、黙っていれば可愛いと思う。
なのに、どこか具合でも悪いのか妙に身体をクネクネさせながらバカ丸出しの声でバカ丸出しの会話をしているから、どっからどうみてもバカだ。


この子たちは、映画館だろうがクラシックのコンサートだろうが、ピーピーと超音波でしゃべり続けるのだろうな。
で、そのうちバカが祟ってエラいめに遭う・・・なんてことは、おそらくはない。
常識とかマナーとか他人への迷惑とか場の空気とかを考える普通の人は、こういう類のイキモノには絶対にかなわない。
ワタシも人のことをアレコレ言えるようなニンゲンではないから、うっせーなとは思っても、放っておいた。
彼女たちの肩をトントンと叩いて
「皆さん音楽を聴きに来ているのです。あなたたちのおしゃべりを聴きに来ているのではありません。会話したかったら外でしてください」
と申し渡すなんていう面倒くさいことをする義務もない。
だからよっぽどの暴走をしない限り、彼女たちはどこからもダメ出しをされることなく、ピーピーといつでもどこでも好きなように振舞いながら、楽しい人生を送るのでしょう。
めでたしめでたし。


って、皮肉じゃないんだよ。
経済どん底とか悲惨な事件とかもあるけれど、日本は戦争をしていないし、そこいらで銃がポンポン鳴っているなんてこともなく、夜道を歩けばたちまち追いはぎにあい若い女性は押し倒されるなんてこともなく、やっぱり平和な国なんだと思う。
平和だからライブ会場でギャルがピーピー騒いだり、バカギャルがうるさいと年寄りが愚痴ったりできるわけで。
でもって、バカギャルも愚痴年寄りもそれなりに生きていけて、イエヤマネコが生タラをお腹いっぱい食べられるのだから、平和がいいです本当に。


2001年に赤坂で観たjunoのライブから。
オレンジ色っぽいTシャツを着てギターやキーボードを弾いているのがBen Watkins。


もうひとつ。
マトリックス効果で、おそらくはjunoの中で一番売れた曲のさわり部分。


もうこの際だから




来月はThe Ordが来る。
ベンが終った(かも)と思ったときには、もうワシにはAlex Patersonしかいないと思った。
上のjunoのライブ@赤坂でヘッドフォンを耳に当ててDJやってるハゲのおっさんなんだが、なぜかドラえもんとも競演している。


アレックスお得意のコケコッコーをもう一個

— posted by hipi at 11:08 pm  

T: Y: ALL: Online:
Created in 0.2858 sec.
2018.10
SMTWTFS
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031