(元)多摩センター動物病院・院長の民事裁判

元・多摩センター動物病院の民事裁判の傍聴に行ってきた。
被告人の元・院長は、現在海外(東南アジアの国だそう)に住んでいるから出席できないとかで姿を見せず。
原告側の証人尋問と原告への尋問のみ。


被害の内容はネットで読んではいたが、被害者の方ご自身から語られた言葉は、よりいっそう胸に刺さった。
誤診や医療ミスで亡くなったのではなく、病気をでっちあげようとして失敗し(知識も技術もないため)、殺されてしまったのだ。


現在は農水省の『業務停止3年』という処分を受けているが、処分の期限が切れたら元・院長は再び獣医を名乗り、働くことができてしまう。
病院は閉鎖されたが、原告の方および多数の被害者の方々は、業務停止ではなく、免許剥奪を求めて今でも戦い続けている。

今日の裁判の様子は
高山リョウの男巡礼Link 』10月9日の記事に詳しく書かれています。


裁判の経過および事件の詳細は
多摩センター動物訴訟を応援するLink
多摩センターの動物病院の被害を防ぎたい!Link 』で。



*****************
雨から避難してきたバラにガンをつけるラクシュミーさん
08100804
これ、だれ?

どかしたら、さっそく前進。
08100805
オレさまの、みはりだい、だから。


多摩センター

— posted by hipi at 11:29 pm  

T: Y: ALL: Online:
Created in 0.0136 sec.
2008.10
SMTWTFS
   1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31