[ カテゴリー » カイヌシ » いろいろ ]

税関では履きましょう

暑い。


カイヌシ、朝から暑さにぐったりで、限りなく水に近いぬるま湯を浴びて、ペラペラの薄い木綿のキャミソール型ワンピースを1枚だけペロっと着て、終了。
パンツを履かないと涼しいなー。
ミニスカートじゃないから、履いてなくても平気だ。
09071402
らくさんは1年中ノーパンですね

09071102
毛だらけだけど

家の中だけじゃなく、かつてはノーパンで国境を越えたことがあったな。
インドのトリヴァンドラムから飛行機に乗って、モルディブまで行ったときにも、インドで買ったペラペラのワンピース(ロング丈)一枚しか着ていなかった。
なんでそんなことを憶えているのかというと、モルディブの空港の税関で2時間も足止めされたという暗い過去があるからで。


他の旅客のみなさんがスイスイとほとんど素通りで外に出て行く横で、ボディチェックされ荷物を全部広げられ、ピアスまではずして見せろと言われたワシ。
ピアスは5つ付いているので、はずすのは少々メンドウだが、まあいいよ。
荷物はほとんどインドに置いてきたから、小さい手荷物1個だけ(水着と着替えが少しと洗面道具くらい)で、開けられてもすぐ仕舞えるから、それもよい。
が、ボディチェックは少々困った。
女性の係員がやってきて、身体中をペタペタペタペタ触るのだが、なにしろワタクシ、ペラペラのワンピース1枚でパンツを履いてない。
服の上からでもペタペタ触られたら、すぐにそれが分かってしまうわけで。


で、案の定、「なんでこんなおかしなカッコウなんだ。」と訊かれ、正直に「暑いから~」とヘラヘラ答えていたら「そんな日本人はいない!」とか怒りだす税関の兄ちゃん。
何しにモルディブに来たんだ?とか、持っているものを出せとか訳の分からんことをネチネチと言われ、いいかげんヤになってきてキレてみようかしらワタシ?とかもチラと思ったが、税関でキレてもいいことはないだろうなと考え直して、「ダイビングとかあー。遊びに来ただけですー(←本当のこと)。」と繰り返していたワシ。


結局は2時間後に解放されて外に出られて、インドで予約したリゾートの船は待っててくれたから移動もできて問題なかったのだが、モルディブの税関はトラウマになった。
くそう。
リゾートに到着してからスタッフの兄ちゃんに愚痴ったら、持ち込んではいかんものを持っていると疑われたねー、と。
それは分かっていたけど、おかしいだろー!
もし仮に、持ち込んだらいかんものを持っていたとしたら、パンツはくよオレ!


つか、そういうことをする人って逆に、南国なのに革ジャン着てたりブーツ履いてたり、妙にたくさん着ているもんじゃないの?
隠すためにさ。
そういうイメージがあるんだけどな。


でもまあとりあえず、国境を越えるときにはパンツをはこうと、モルディブの海に誓ったワタクシだった。
96aindia20
モルディブの海

夏休みに海外旅行をされる皆様も、うっかりノーパンで税関を通らないようにお気をつけください。


ちなみに帰路、モルディブからインドに戻ったときには、ちゃんとパンツをはいていたにも関わらず飛行機のオーバーブッキングという憂き目にあった。
自腹でたしか20US$くらい追加で払って、ビジネスクラスに乗ったのだった。
なんだかなあ。
モルディブ、海は美しかったけどなあ。

— posted by hipi at 11:41 pm  

THE TIMERS

きょうは、オレさまも、よそのネコゾクも、でてこないらしい、みょん。
ドカドカうるさい、ドカヘルバンドがオッケなら、さきにすすむ、みょん。
09050262


もっと読む»
夜、帰宅したら、アマゾンからザ・タイマーズ(と他数点)のCDが届いていた。
タイマーズはカセットテープで持っているのだが、うちにはもうカセットデッキがないので、何年も聞けずにいたもの。
CD化されているのを知ったので、廃盤にならないうちにと1週間前に注文したのだった。


深夜にタイマーズを聞いて、泣きそうになった(つか、ちょっと泣いた)。
キヨシロー・・・じゃなくて、ZERRYは怒っていた。
ものすごく怒っていた。


タイマーズから20年。
何も変わってないね。
争いごとは絶えず、強欲なジジイがのさばり、マスコミは足並み揃えた気色の悪い報道ばかり。
改善どころか、ますます悪くなってる。


クソはいつまでもクソだね。
やってらんねぇよ。
地球上で行き場を失って追い詰められている動物たちや、ニンゲンでもほとんどの人は、あなたのように、怒りを表現する術を持たない。
ブツブツと小声で文句でも言えればまだ上等。
けれど。
やられっぱなしがデフォルトの不具合だらけの世の中にも、季節はめぐり花は咲き、新しい命が生まれ、音楽が人の心を慰める。


そっちの世界はどうですか~?
歌いたい歌を歌い放題の毎日ですか?
ジョン・レノンとセッションしてますか?
こちらの世界では、ワタシ一時期あなたの近所に住んでいたことがあって、幾度か道でお見かけしました。
いつかあちらの世界でも、すれ違えますか?


YouTubeでザ・タイマーズを検索すると、代表的な曲がいくつかヒットする。
以下、YouTubeへのリンクを貼っておくけれど、上品ではない表現がかなり含まれるので、そういうのが苦手な方は聞かないほうがよろしいかと。


♪タイマーズのテーマ♪
♪偽善者~FM東京バージョン♪
♪デイドリームビリーバー♪
♪イモ♪
♪タイマーズのテーマ(エンディング)♪
5曲メドレー


♪税♪


♪総理大臣♪

♪ZERRYのお友達、忌野清志郎のIMAGINE♪

— posted by hipi at 11:22 pm  

まっ黄色にそびえたつ

撮影場所・横浜中華街の入り口横。
P1000001


あまりのインパクトに、思わず携帯で撮ってしまった。
名前からして、タダモノではない。
スーパーホテル!!
写真では色が飛んでしまったけど、看板は輝く黄色。
なんの混ぜ物も感じられない、三原色のひとつとしてのピュアイエロー。
看板の形は、正しく四角。
フォントは、カタログの一番上に載っていたものを、「読みやすそうだしコレでいいや」って感じで決めたとしか思えない。


どこからどう見ても、洒落っ気とかデザイン性とかの、コジャレタ要素はまったくない。
「スーパーホテルだ!!朝食無料!」という主張だけが、ビンビンに伝わってくる。
ヒトは、ここまで色気のないブッタイを作れるものなのか。
潔く、とことん実用一点張り。
尋常じゃない迫力。
シビレた。


シビレた勢いでふらふらとロビーに入りこみ、ホテルのパンフレットを見てみたら、北海道から沖縄までチェーン展開している立派なビジネスホテルであった。
ワタシが知らなかっただけで、全国100箇所近くに、まっ黄色に輝くスーパーホテルのでっかい看板がそびえ立っているらしい。
なんつうか、スゲいなあ。

景色のツボ

— posted by hipi at 11:32 pm  

中華街ガラガラ

カイヌシが夕方から横浜に遊びに行ってしまったので、ラクシュミーさんはお留守番。
お土産もなしだった。
ごめんよ。
08102111
なんだよー

それにしても中華街。
平日の夜とはいえ、人気がなくてガラガラスカスカ。
チャイハネにすら、お客さんがいない。


中国製食品騒動の影響らしい。
健康被害にあった方たちはもちろんだけれど、真面目に誠実に商売をやっている人たちにとっても災難だ。

— posted by hipi at 11:59 pm  

デノンがきた

2階のらく&ワタシの部屋用に買った、デノンのCDプレイヤーとスピーカーが届いた。
うれしいうれしい。
今日から2階でも音楽が聴ける。
うへへへへ~。

— posted by hipi at 10:49 pm  

T: Y: ALL: Online:
Created in 0.0396 sec.
2018.10
SMTWTFS
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031