[ カテゴリー » カイヌシ » いろいろ ]

どこの国でもニンゲンのやることは

雨の中、ドイツから一時帰国している友人と会う。
ヨーロッパでの猫事情とか、ニンゲン事情とか、いろいろ。
どこの国も問題山積み。
ドイツではニッポンよりマシのような気がしていたことなども、話を聞くとそうでもない。

10020103
ニンゲンは、バカで、こまる


そのとおりです。
ニンゲン自身も困っています。

10020105
かえってきたら、さっさと、ねこかん!


らくさんに雪を見せてあげようと思ったんだけどな。
雪より猫缶なんですね。
学習しないカイヌシですいませんねー。

— posted by hipi at 11:34 pm  

豪徳寺

初詣に、世田谷八幡宮に。
自転車の距離だけど、寒いので電車で。
イエヤマネコとニンゲンの平穏無事を祈る。

次に、ちんちん電車の世田谷線の駅を挟んで反対側の豪徳寺へ。
イエヤマネコと猫さんたちの平穏無事を激祈りする。

DSC04200
豪徳寺の入り口

DSC04191
境内

DSC04197
真ん中辺りに居るのは、くりくり

DSC04181
お札や絵馬を買う建物

DSC04175
入り口の猫さん

DSC04190
白猫さん、後ろもちゃんとしてた


豪徳寺で購入した絵馬。
DSC04207
らくのお守り

持って帰っても良いそうなので、お持ち帰り。
だって観世音菩薩さまの絵馬なんだもん。
ラクシュミー女神は日本では吉祥天だけれど、観音様との関連もあるらしい。
つまりこれはまさしく、らくのお守り!
王様いっちゃんの祭壇に飾って、二重に守ってもらうことにする。
大事なイエヤマネコだから、念には念を入れるのだ。

— posted by hipi at 11:25 pm  

低気圧ゾンビー

台風が近づいていて、昨日から雨で寒い。
昨日も今日も1日中、エアコンの暖房をオン。
らくさんは、ご飯を食べて、暖房にあたりながらヌクヌクと寝て、またご飯を食べて。
優雅に低気圧をやりすごしている。


そして一方、カイヌシは。
昨日は寒くて手足の先がしびれ、感覚がなくなった。
今朝は頭痛(低気圧の偏頭痛らしい)で目が覚めて、起床はしたけどゾンビ状態。
しかし1階隙間地面と2階ベランダと3階屋上の植物たちを、台風対策でどうにかせねばならん。
風で飛ばされ道路に転がり出たら近所迷惑・・・つか、危ないし。


ってことで、雨の中、鉢植えたちの大移動。
今度の台風は強いらしいけど、ひどい被害がありませんように。
みんな無事でありますように。
09100521
へいおんぶじが、すき


— posted by hipi at 12:59 pm  

インド美人のワナ

インドフェスティバル@代々木公園でございます。
DSC05698


集まっているのはほとんどは日本人なのですが、インド人とか、もしかしたらパキスタン人とかスリランカ人とかバングラデッシュ人とかネパール人の皆さまも、ワラワラとそぞろ歩いてらっしゃいました。
こわれたorこわれかけの白人とかジャパニーズの方もちらほらと。
楽しい光景でございます。


服飾関係・雑貨のお店がいっぱいで、なかなかの賑わい。
占いやヨガや、なぜかインドの保険会社や銀行のテントもあり。
飲食店の屋台も、それはたくさん出店しておりました。
DSC05682


小腹が減ったので何か食べようとしたのですが、なにしろお店がありすぎて、どこで買うのか決めるのがメンドクセエ。
と思っていたところ、たまたま近くにあった屋台のお姉さんと目が合って、するとそのお姉さんがインドかパキスタンかスリランカかバングラデッシュかネパールのお若い美人さんだったので、ふらふらとその屋台に吸い込まれてしまいました。
で、ビリヤーニ500円也を購入したのですが、これがまた非常にレアな一品でございまして。


ビリヤーニというのはインド風チャーハンとかピラフとか、そういう体のお料理でございますが、インドではあまり道端の屋台では見かけませんでした。
そのかわりといいますか、どんなにお安い労働者向け大衆食堂にも、はたまたちょっと高級なホテルのレストランにもたいていはあるという、インドでは定番のメニューでございます。
(本気で高級なレストランにはないかもしれない。行ったことないから分からんが。)
で、お安い大衆食堂で食べたら大衆食堂の美味しさがあり、お高いホテルでいただいたらホテルの美味しさがあり、つまりはどこで食べてもウマーなのでございます。
ああ、熱々のビリヤーニ。


ところがでございます。
インドフェスティバル@代々木公園で500円で購入したビリヤーニは、「なんの味もしねえ」という以前に、ひんやりと冷たかったのでございます。
一口食べたのち、呆然としてあたりを見渡せば、他の屋台ではどこも、ジャッジャッジャーと小気味の良い音をさせながらビリヤーニがフライパンの中で踊っていて、ホカホカと湯気の立つそれをオッチャンが景気良く紙皿にどかっと盛り付け、老若男女が我も我もと買い求めているのでございます。
ワタクシが購入した屋台では、ビュフェなどで見かける保温器のようなものにビリヤーニが入っていたのですが、保温器に見えただけでただの容器だったのかもしれません。


なにはともあれ、会場に何十件の食堂屋台があったのか存じ上げませんけれども、ワタクシが購入したのは、会場一まずいビリヤーニであったことは明らかでございます。
売っていたのがオッサンだったらブン殴りにいくところですけれど、きれいなお姉さんだったので、まあよろしいかと。



空がどんどん暗くなり、空気もだんだん冷たくなってきて、暖かいものが欲しくなるたそがれどき。
冷たく味のないビリヤーニをボソボソといただきながら、ワタクシは、オンナに生まれて良かったとしみじみ思っていたのでござます。
もしワタクシがオトコだったら、ちょー簡単におねえちゃんにだまされて、とっくに破滅していたことでしょう。
オンナなので、まずいビリヤーニを買わされたくらいで済んでいるのです。
ラッキーでございます。


はっはっはー。
09092609
・・・ばか


— posted by hipi at 11:07 pm  

ウマキャバ?

ラクシュミーさんが長屋の平和を守っている間に
09090348


09090352


09090417


他所でおさわりしていたカイヌシ。
DSC03763
すみれちゃん、4歳

↑さわられ(撫でられ)すぎて、オデコの毛が微妙に薄くなっていた。
↓こちらの方々も、撫で撫でし放題。
DSC03733


DSC03727


おさわりNGの面々も
DSC03716


DSC03745


DSC03740



— posted by hipi at 11:50 pm  

T: Y: ALL: Online:
Created in 0.0269 sec.
2018.4
SMTWTFS
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930