[ カテゴリー » いろいろ猫さん » 茶々@母の家 ]

ラベンダーと茶々と美帆ちゃんでお祭り騒ぎ

昨年も行った埼玉県菖蒲のラベンダー祭りを、今年も見てきた。
今日は休みを合わせて、美帆ちゃんも参加。


昨年は7月2日でほとんど終わりかけだったけど、今年は1日しか違わないのに、まだギリギリ盛りという感じ。
DSC00005


グロッソという品種らしい。
満開のラベンダーで良い香り。
DSC09895


なんだけど、少しフレームをずらすと
DSC09918
ビロードモウズイカ

昨年も数本生えていて、『バーバスカム』という札を立てて大事に保護していたようだったけれど、
DSC09861


今年は大繁殖。
DSC09844


こうなるともう、ラベンダー祭りだかモウズイカ祭りだか分からない。
DSC09847


嫌いじゃないよ。
むしろ好きだモウズイカ。
ただ、とっても逞しい植物だから、大事に保護しなくても勝手に増えるんじゃないの?
と昨年思っていたら、今年は案の定の光景で、嬉しくなって写真をいっぱい撮ってしまった。


もっと好きなガラニチカ。
このブルーがたまらん。
DSC00022



昨年はお腹がいっぱいで食べられなかったラベンダーアイス。
今年も満腹だったけれど、無理やり食べたら、うまかった。
ごめんよ、ラベンダーアイス。
ちょっぴりバカにしてたけど、オイシイよ!
来年はラベンダー蕎麦に挑戦してみようかな・・・。
勇気が出るかな。


美帆ちゃんのお見合い写真も撮る。
DSC09965


美帆ちゃんから「撮って♪」とカメラを渡されたじいじ(母の旦那さん)は、やけに遠くでカメラを構えた。
で、美帆ちゃんに
「遠すぎるー。それじゃ顔が分からないー。」と言われ、
「あんまりはっきり顔が分からない方がいいかと思って・・・」と。


母は、
「新聞の折り込み広告に入れてバラ撒こうか〜。問い合わせがなかったらポスティングかな。
それでも反応がなかったりして〜(笑笑笑)」


ワタシ
「頭の中もお花畑の人みたい!
△◇歳の少女だ!アハハハハっ!」


身内ってヒドい。
こんな散々なことを言って遊んでいたら、
「△◇歳には見えないよ〜。28歳に見えるよ〜。」と、通りすがりの知らないおじさんに慰められた美帆ちゃん。
でもあんまり嬉しくなかったらしく
「△◇歳で頭の中はお花畑でチョウチョも飛んでますけど!それが何か?!」と、威張り始めた。


そんなこんなで、仲良くラベンダー祭りを楽しんだのだが、滞在時間は30分くらいだったかも。
どうにもこうにも暑すぎて、ラベンダーアイスでは間に合わなかった。
逃げるように車に乗り込み、冷房全開で退散。


↓途中で寄った野菜の直売所。
カボチャのカーテンがカワイイ。
DSC00031


↓内側には小さいカボチャがゴロゴロできていた。
DSC00028


↓こちらは道端沿いの、ナチュラル感いっぱいのプチ花畑。
このオレンジの体格のいい花、ときどき見かけるけど誰だっけ?
DSC00034




母の家に着いて部屋に入ると、茶々がまっすぐにワタシのところにきて、足の甲の上でゴロンゴロンしたり、スリスリゴッツンしたり。
ラクシュミーもしてくれないような歓迎ぶり。
ありがとう〜。
茶々や。
ワタシタチ、親友だもんね!
chacha10070109
いいから、はやく、あそぶの!

ネコジャラシを振り回すと、何度もジャンプしてくれたのだが、速すぎて写真に撮れず。
chacha10070105
どんくさい、わね

茶々の食器が新しくなっていた。
ノリタケだそうだ。
chacha10070123
うまー



茶々や。
秋になって涼しくなった頃,また来るからね。
またいっぱい遊ぼう。
母とじいじをよろしくねー。

— posted by hipi at 11:10 pm  

茶々とバラの日 in 2010

母とじいじと一緒に、飽きもせずに美野里へ出かけて、バラを観る。
ワタシはそれでも美野里に行くのは年に2〜3回だけど、母とじいじは毎月行っているらしく、スタンプカードがいっぱいになったそう。
・・・なんて話を聞いていたが、毎月というか、先週も行ったそうだ。

いつもは素通りする駐車場のほうを散歩。
バラ満開。
DSC03390


DSC03406




↓このオレンジのバラ、いっちゃんに似ている!
DSC03296


DSC03300


レディ・エマ・ハミルトンという品種らしい。
DSC03294




これは、いっちゃんのバラだ!
間違いない!
・・・と思ったのだが、5万円くらいするデカい開花苗しかなかったので、購入出来ず。
いいや。
いつかそのうち、お手頃価格の新苗で買えるときがあるだろう。


美野里はいつ行っても楽しけれど、バラが咲いているとさらに幸せ。
スキップしながら歌いたいくらいで、実際にちょっとスキップしたけど、歌は自粛しておいた。
音痴だからなー。残念なことですな。


母の家では、待ち構えていた茶々と再会。
ワタシのことをクンカクンカしたり
chacha10052719


chacha10052721


chacha10052710


ワタシの足の甲の上でゴロンゴロンしたり、
ワタシのジャケットの上に寝そべったり
chacha10052730


ネコジャラシでたくさん遊んだし、
chacha10052745


茶々や。
ワタシタチ、すっかり仲良しだね!


では7月にまた来るよ〜。
母とじいじをよろしくね。
chacha10052752
まかせて


— posted by hipi at 11:55 pm  

茶々と桜と

今日は母とじいじとお花見に。
まず最初に母の家に行き、茶々にご挨拶。


茶々さん、こんにちは。
DSC01846
あら、またきたの?

はい、またきました。
お正月ぶりですね。
DSC01843
おみやげは、なにかしら?

米国製のキャットフードと、デンタルカリカリです。
茶々さんも歯を大切にして、末永くオイシイを楽しんでください。
DSC01825
ふーん・・・。まあ、もらっておくわ

つれない態度のわりには爆食ですね。
気に入っていただけたようで嬉しいです。
爆裂に元気そうなのは、もっと嬉しいです。


安心したところで、ニンゲンたちは桜を見に行ってくるからね〜。





ということで、小雨の中、お花見に。
↓母の家のベランダから見える、隣家の桜。
DSC01686


DSC01697




↓車で10分くらいの場所。
DSC01748


DSC01769


白っぽい花と濃いピンクのと別の木かと思ったら、1本の木にグラデーションになって咲いている。
DSC01742


DSC01760b


DSC01732


DSC01736


DSC01760


DSC01783



あの世への入り口みたいな景色。
DSC01810


雨のせいか、よけいにそんな感じ。





では、茶々さん。
お邪魔しました。
また来るからね〜。
DSC01841
おみやげ、わすれずに。

はい、わかりました。
じゃあ来月ね〜♪

— posted by hipi at 11:32 pm  

茶々、(王様のコタツで)完全復活

その後の茶々さん@母の家。
以前にも増して、ご飯をワシワシ食べだしたらしい。
食べなくなったときには、あっという間に顔が小さくなり、撫でると背骨に触れるようだったのが、今また前のように、だんだんむっくりしてきたそうだ。
昨夜は寝ているニンゲンを踏みつけながら走り回り、今朝は階段を駆け上がったという。


その暴れっぷりは、茶々さんからの完全復活宣言と受け取ってよろしいのでしょうか?
もう大丈夫なのよね?
スバラシイ。
なんてありがたい。
茶々さん、通院も投薬も頑張ってくれて、元気になってくれてありがとう~!


茶々の具合が悪くなったときに、母は、茶々がニンゲンのコタツに入りっぱなしで寝ているので様子が分かりにくい。
それに、じいじ(母の旦那さん)が汚い足でコタツに入るから、茶々に変な菌がついたんじゃなかろうか?
なんて言っていた。
変な菌ってそんなワケないだろーと突っ込みつつも、じゃあってことで、いっちゃんが使っていた猫コタツを母の家に送ったのだが、茶々はそれをとても気に入って、ずっと中で寝ているそうだ。


本当のことを言うと、いっちゃんのコタツを送るときには、ちょっと寂しかった。
たくさんたくさん頑張ったいっちゃんを、暖めてくれた王様のコタツ。
いっちゃんは、こちらの世界での最後の半年くらいは、ご飯を食べるのも、おしっこも、うんこちゃんも、ぜんぶコタツの中だった。
いっちゃんが大好きだった、王様の猫コタツ。


ところがらくは好きじゃないらしく、部屋にいつもセットしてあるのに、ちっとも使ってくれない。
ニンゲンが入れても、びっくり箱の人形のようになって、すぐに飛び出てしまう。
が、もし入ったとしても、らくには少し小さくて背中が天板ぎりぎりだから、低温火傷も心配だった。
なのでここ1年くらいは、押し入れに仕舞ったきりに。
だから茶々が気に入って使ってくれるのなら、そのほうがずっといいのだけど。


いっちゃんが大好きだったコタツが家からなくなるのが、ただ寂しい。
いっちゃんのものは、何でも取っておきたいんだ。
有形のものでも無形のものでも、ぜんぶ取っておきたい。
でも、だんだんと、なくなってしまう。

ワタシの頭の中のいっちゃんの記憶は、ぼやぼやと薄れているものもあるし、忘れてしまったこともたくさんあるような気がする。
いっちゃんの枕や毛布は、密封パックに入れてあるのに、いつのまにか王様の匂いがとんでしまって線維のニオイしかしなくなった。
時間って、こういうことなんだなあと思う。
時の流れは優しくて悲しいな。


なんつってメソメソしながら送ったコタツだけど、茶々が気に入って使ってくれて、元気になったと聞いたら、とっても嬉しくなった。
いっちゃん、茶々はいっちゃんのコタツが大好きだって。
茶々、可愛いね。
コタツを送って良かったね。


いっちゃんがいなかったら、今ワタシはラクシュミーと暮らしていないし、ペット可のこの長屋にも住んでいない。
父もみいこを連れてこなかっただろう。
美帆ちゃん(妹)は銀色ちぃちゃんと暮らしていなくて、母の家に茶々もいなかっただろうと思う。
王様がワタシのところで君臨してくれたおかげで、親兄弟の全員が猫と暮らすことになったという。


いっちゃんはスゴイなあ。
いっちゃんのご利益は無限大だね。
いっちゃん、ありがとう。
茶々もありがとう。


で、茶々さんや。
これからも母とじいじと楽しく暮らして、うんと長生きしてください。
イタズラでもワガママでも女王様でも、なんでもいいよ。
猫だしな。
元気なら、いいんです。
お願いだよー。
chacha10010136
じょおーに、まかせて!


— posted by hipi at 11:27 pm  

茶々の経過

今朝の茶々さん。
朝、母が起きると一緒に起きてきて、母のストーカーに励んだらしい。
母のストーカーは茶々の毎朝の日課なのだが、具合が悪くなってからは寝っぱなしで起きてこなかったので、5日ぶりとのこと。
階段を登って、ご飯もちょびちょびだけど食べ始めたという。


念のために今日も通院して注射と皮下輸液をしたが、熱も下がったので、もう来なくてもオッケと言われたそうだ。
これで5日連続の、茶々の病院通いはひとまず終了。


新しいお薬がさっそく効いた、転院して良かったと喜ぶ母。
薬が効いたのかもしれんし、茶々の免疫力が自力で戦った結果、回復期に入ったのかもしれんし、と思った(けど言わなかった)ワタシ。
いずれにしろ、茶々が元気になってきて良かった。


あああああ~良かったようー!!

— posted by hipi at 11:51 pm  

T: Y: ALL: Online:
Created in 0.0313 sec.
2017.8
SMTWTFS
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031