[ カテゴリー » いろいろ猫さん ]

おかえり♪ラッキーちゃん!

近所のおうちのラッキーちゃん。
3ヶ月ほど前から行方不明になっていたのだが、昨日、おうちに戻ってきたそうだ。


ラッキーちゃんのニンゲンのお母さんが、近隣の地域猫のボランティアさん(すぐ近所の猫おばさんTさんとは別の人)に、ラッキーちゃんの写真を見せて、帰ってこないと話しをした。
すると猫ボランティアさんは、そっくりな猫を隣の駅の住宅街で見たという。
それで2人で捜しに行ったら、袋小路になっている住宅街の道に黒い車が停まっていて、その屋根の上では。
ラッキーちゃんが、のんびりと寝ていたそうだ。


いなくなったときにしていた首輪もそのままで、お母さんが「ラッキー」と呼んだら、駆け寄ってきた。
それで連れて帰ってきたそうだが、怪我もなく、元気そうで、体重は500g増えて5kgになっていたという。
ラッキーちゃんが居た近所には、お水の入った器を外に出してある家があって、そこでご飯をもらっていたのかと思いピンポンしたけれど、お留守だったそうだ。


帰宅してからのラッキーちゃんは、まるでさっき出て行って帰ってきましたみたいな態度で、それでも帰宅した昨日はずっと家の中に居たそうだけど、もう今日は朝から外に出かけて近所をふっ飛んで歩いているそうだ。
以前とまったく同じだね~と、嬉しそうにお母さんが笑う。
そこに話題のラッキーちゃんが、尻尾をピンと立てて通りかかった。
真新しい水色の首輪に着替えている。
今度のは連絡先の電話番号入りだそうだ。


隣の駅は、ニンゲンが歩いて15分弱くらいの距離しかないが、間には6車線の交通量の多い街道が走っている。
猫が渡れる道路ではない。
お母さんの想像だと、今年の春にラッキーちゃんの家の向かいで火事があって、全焼してしまった家を取り壊したり延焼した家の修復などで、工事の車が家の周りに何台も停まっていた。
ラッキーちゃんはそれらのトラックの荷台に乗って遊んでいるうちに、発車して運ばれてしまったのではないかという。


運ばれたのが、隣の駅までで良かった。
本当はもっと遠くまで行く車だったのかもしれないが、スピードが落ちたり停まったりしたときに、ラッキーちゃんが飛び降りたのかもしれない。
ご飯がもらえる場所で良かった。
初夏から夏という季節も良かったと思う。


本当に良かった。
ラッキーちゃんは名前の通りにラッキーだ!


写真は、今年の5月24日。
たぶん、迷子になる直前のラッキーちゃん。
lacky08052462




ボランティアさんに見せた写真は、私がデジカメで撮ってプリントしたのを、以前に渡したものだった。
ラッキーちゃんのラッキーは、お母さんが諦めないで捜した努力の賜物だけど、私もほんのちょっとだけでもお役に立てたようで嬉しかった。


ラッキーちゃん、おかえり♪
お母さんが心配するから、夜はあんまり遅くならないうちに、毎晩ちゃんと帰るんだよ~。

迷子猫

— posted by hipi at 10:39 pm  

アラレもなかったり、寝ていたり

妹・美帆ちゃんちにお届け物があったので、午前中に自転車で行ってきた。
銀色ちぃちゃんは、いつものように
chi08081703
ちょっとスカした態度だったけど

chi08081705
こんな顔や

chi08081706
こんな変な顔もする

相変わらず腰パン大好きで、お尻を持ち上げて盛大に喜ぶし。
銀色ちぃちゃんは、変な顔も得意な、アラレもない猫です。


********************
らくさんは、今日はと~ってもよく寝ている。
暑すぎてしばらく使っていなかった王冠ベッドで、ず~っと寝ている。
08081705
ちょっとは起きてたよ

08081701
まどぎわ、きょうはあつくないし

らくは、低気圧の日の正しい猫です。

— posted by hipi at 11:14 pm  

英雄・ルーすけちゃん

2008年8月9日午前9時7分。
nestさんのルーすけちゃんLink が、苦しみのない世界に居を移した。


こちらの世界では、nestおかたんとおとたんに守られながら、うんと頑張ったルーすけちゃん。
奇跡と呼びたい闘いだった。


nestさんは元看護師さんということもあり、もとから医学的な知識は豊富な方だ。
しかしルーすけちゃんへのお世話は、どれだけの知識があってもできるものではない、工夫に溢れたものだった。
獣医さんでは思いつかない、思いやりに満ちた数々のサポート。
nestさんのブログを拝読しながら、愛情はさまざまな発明・発見をするとたびたび感嘆した。


凛々しく闘ったルーすけちゃん。
旅立ちもまた、自分の身体の限界を知ったときから、いつ、どういうふうにと、計画を立てていたように思えるものだった。
nestおかたんには、もしかしたら、後悔があるのかもしれない。
私にもあったし、「あのとき・・・だったら」と考えることは今でもあるけれど、いっちゃんにとっても私たち家来にとっても、あの時で良かったのではないかと、次第に感じられるようにもなってきた。
ルーすけちゃんもいっちゃんも、みんなが一番傷つかないときと、自分が踏ん張れる限界を計算して、ベストのタイミングで、「じゃあいくね!」と旅立ったように思える。
残された私たちは、突然置いていかれたように感じてしまうけれど、猫さんの旅立ちは、思いやりという方程式で計算されているのではないか・・・。
レインボー号乗船のご報告を知るたびに、そう思う。


ルーすけちゃん、可愛いお姿をありがとう。
貴重な闘いの記録をありがとう。
頑張ったルーすけちゃんのことを、ずっとずっと忘れません。

— posted by hipi at 11:25 pm  

うーちゃんのレインボー号

7月27日 0:35。
うーちゃんLink が、レインボー号に乗船しました。
威風堂々、お顔を凛と持ち上げて、胸を張って颯爽と。
まっすぐ前を見つめた瞳と、真っ白な毛並みを、艶々ピカピカに輝やかせながら。


ピカピカのうーちゃんを乗せたレインボー号は、キラキラの光の中を進み、楽しいことばかりの世界に到着します。
そこはかよさんの、『おでこの上3cm』です。
うーちゃんは、かよさんのおでこの上3cmとこちらの世界を自由自在に行き来しながら、いつでもかよさんと共に在るのだと思います。


うーちゃんとかよさんからは、勇気と癒しの光をたくさんたくさん、いただいた。
強さと優しさを教えてもらった。
私は良い人間ではないけれど、かよさんのブログを読むたびに少しずつ私の心はきれいになって、いつかいっちゃんと再会したときには、王様にふさわしい人間になれているような気がする。
毎日、読むたびに、そう感じていた。


うーちゃんとかよさんは、私にとっての菩薩様です。
かよさんのブログは、読むだけでご利益いっぱい、ありがたい経典のよう。
それはまるで・・・
まるで、うーちゃん教!?


おおおおおっ。
ありがたやありがたや。
私は特定の宗教を信じていないが、うーちゃん教だけは別。
うーちゃんにもかよさんにも無許可だけれど、これからもずっと信じてる。
うーちゃんとかよさんから教えてもらったことを忘れずに、ラクシュミーとの時間を暮らしていきたいと思っています。


うーちゃん、ありがとう。
かよさん、ありがとう。
言葉に尽くせない感謝と敬意をこめて。


ありがとう。


ps ・・・うーちゃん、楽しいことばかりの世界で、いっちゃんと会いましたか?
歓迎の宴会は、きっと賑やかだったことでしょう。
いつか私がそちらに行ったら、うーちゃんとも再会できますね。
そのときは抱っこさせてくださいね。


その日がとても楽しみです。

— posted by hipi at 11:50 pm  

ハル様へ

ハル様。Link
凛々しくて、カッコよくて、TAMIさんの最強最高最愛のナイト。


ハル様の雄姿は、これからもたくさんの猫さんとお世話人を力づけることでしょう。
ハル様のオイシイと楽しいに満ちた毎日は、たくさんのお世話人たちの希望となることでしょう。


ハル様、あっぱれでした。
あなたの大好きなTAMIさんは、深く優しく、そしてとても強くなったように思います。
ハル様の偉大な力です。


ハル様の使命は、TAMIさんを守ること。
いままでも、これからも、いつまでも。
ブログを拝読しながら、あらためてそう感じました。


ハル様とTAMIさんから、私も宝物のおすそ分けをいただきました。
ハルさま、ありがとう。
TAMIさん、ありがとう。

— posted by hipi at 11:18 pm  

T: Y: ALL: Online:
Created in 0.0502 sec.
2020.8
SMTWTFS
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031