カイヌシの不具合とか大胸筋とか

ルーターに続いて、今度はカイヌシの不具合ですよ。
喉痛い。
しゃべれない、モノを飲み込めない。
腰も痛い。
くりくりは腰にヘルニアがあるのだが、話しを聞いてみると、ワタシのもそれっぽい。
しかしワタクシ、腰は泳いで治すから大丈夫。
2000mも泳げば、たいていのものは治るから!
・・・でも風邪だけは悪化する(経験済み。1000mなら治るかも?)。


泳ぐといえば先日プールに行ったときに、胸パットを持って行くのを忘れてしまった。
ワタシが愛用しているのは、膝上までのスパッツになっている競泳水着。
競泳用なのでパットはつけられないのだが、何もなしだとちょっと不安なので、柔らかい下敷きのようなシリコン素材の薄いパットを、水着と胸の間にはさんで使っている(競泳用はホールド力が強いので、はさんだだけでも落ちない)。
それを忘れたわけだが、泳ぐのに支障はないので、パットなしでそのまま水着を着てみたら。


うーわー。
スゲイよワタクシ。
あまりの胸のフラットさに、自分であっと驚いた。
胸部より肋骨のが出ているくらい。
つかコレ、もはや胸じゃなくて大胸筋だな。
全体としては、女子の競泳水着というよりも、ほとんど男子レスリング。

わははははっ!
スゲイ!


ぜんぜん厚みのないパットでも、多少の出っ張りの役には立ってたらしい。
って、世界中に自分の胸のフラットさを吹聴するのもアレなので、ちょっと言い訳しておくと、上でも書いたように、競泳水着というのはホールド力が強い。
だからあー、胸もホールドされちゃうんだよー。
裸だったらいくらなんでも、ここまでまっ平らじゃないんだよー。


しかし。
パットなし限りなくフラットな状態で泳いだら、かなり泳ぎやすかった・・・。
とっても快適。
水着一枚だけのほうが動きやすい&やっぱ出っ張りは少ないほうが、水の抵抗も少ないもんね。
もうこれからは男子レスリング姿で泳ぐことにする。

— posted by hipi at 11:08 pm  

T: Y: ALL: Online:
Created in 0.0132 sec.
2009.3
SMTWTFS
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31