解体開始

らくが見ているものは

11051718


向かいのアパートの解体工事。


古そうなアパートで、前々から屋根のアンテナが傾いていたりとアレな建物だったのだけど、3月11日の地震で瓦がズリズリずれてきて、ブルーシートを被せてあった。
これじゃいつ瓦が落下してくるか分からないねーと近所の人と話していたら、一人だけ残っていた住人が出て行って、解体屋がやってきた。


ここの前に住んでいたマンションでも、真ん前の木造一戸建てが解体されて尋常じゃない音だったけど、今回はそんなでもない。
少なくても、今日のところは。
とはいっても解体なので、それなりの大きな音はしているのに、らくはベランダに出て悠々と監視。


らくや。
うるさくないの?
11051708
べつにー

せめて家の中から見れば?
音が少しはマシだから。
11051715
へいきー

昼間、家にいたくりくりによると、らくは本当に平気そうでヒトベッドに長々と伸びて寝ていたそうだ。
らくが平気なら私も平気だ。
つか、ワタクシは昼間は家にいないから関係なかった。


それにしても、なんで住む先々で真ん前の家が解体されるの?
解体されたら、今度は何か建つってことだし。


工事の神様に取り憑かれているとしか。
でも取り憑かれたのが、いっちゃんの闘病中じゃなくて本当に良かった。
そういえば、いっちゃんがこちらの世界で君臨していたときには、すぐ近所で工事が始まったことはなかったな。
正確に言うと一回あったけど、ワタシがインドに行くので父にいっちゃんを預けている間に、古い家が壊されて新しいアパートが建っていた。
だからいっちゃんもワタシも、工事中は部屋にいなかった。


そして一方、ラクシュミー。
ワタシと一緒に住んだ3軒の部屋で、すべて工事。
いつも工事が原因で引っ越すはめになっている。


らくや。
すまないね。


・・・ってか、もしかしたらもしかして、らくが工事の神様と仲良しなの?
それはイクナイ。
早急に絶交するをおススメします。
11051717
べつにー

11051722
へいきー


— posted by hipi at 11:54 pm  

真実を写していない写真

まるでカイヌシがイエヤマネコをイジメているかのような写真だけど。
11051601


真実はまるで逆。
ワタクシはまだもう少し寝ていられるのに、朝っぱらからイエヤマネコに
「あさごはんーっ!!!」
と大声で起こされたところ。
11051603
あさ、だ。ごはん、だ。

カイヌシが労働に出かける直前の写真。
ご飯を食べて、ヒト枕占領。
11051605


いっこも苦労がなさそうで何よりです。


これでもう少し痩せてくれたら、よりいっそうの何よりなんだが。

— posted by hipi at 11:34 pm  

生誕記念日

いっちゃんの28回目の生誕記念日。
ichi11051604


花の季節に生まれた子。
太陽の王様。
ichi11051607


↓シャリファ・アスマ。
先日載せた写真は開きかけで、バラとしては一番美しい姿形のときだったけれど、ぱかーっと開いたほうがいっちゃんにそっくりになる。
ichi11051601


そして今年も、ひろびろさんからお祝いの絵をいただいた。
ichihirobirosan


アフロ頭が私とお揃い。
嬉しくてダム決壊。


いっちゃんのことを覚えていてくれてありがとう。
おめでとうって言ってくれて、ありがとう。


いっちゃん、お誕生日おめでとう。
ずっとずっと大好き。

— posted by hipi at 11:56 pm  

太陽王のバラ

王様にそっくりのバラ、シャリファ・アスマが咲いた。
roseSharifa11051210


優しく、甘く、美しく。
いっちゃん♪


今年購入したガブリエルも、優しく甘い香りで美しい。
gabrie11051207
ふりふり〜ひらひら〜

優しく甘く美しいものは、なんでもいっちゃんに似ていると思うのだけど、ガブリエルはぜんぜんいっちゃんには似ていない。
枝が細くて青ざめたみたいな色白で、はかなげで、月の光のような美しさ。
(その容姿とはウラハラにびゅんびゅんひょろひょろ伸びて蕾がてんこもりで、けっこう丈夫かもだけど)


いっちゃんは、明るく輝く太陽だから。
がっちりと骨太で、頑丈で、たくましくて、優しくて優しくて。


暖かくてふかふかのいっちゃんを、ぎゅうってしたい。
重さと形のあるいっちゃんに会いたいんだ。


どこに行けば、どうすればいいんだろう。

— posted by hipi at 11:58 pm  

これ以上の幸せな生活はないでしょう

K(旧名くりくり)が自分の膝を叩きながら
「らくー」
と呼んだら、ワタクシの脚の上はそそくさと踏み越えて、Kの元に一目散のイエヤマネコ。
11050801


3月11日の地震のときに、Kはラクシュミーに多い被さって守っていた。
(ワタクシは仕事で不在だった)。
そのとき以来、日に日に、Kにべったりになっていくラクシュミー。
11050803


ぎゃおす長屋では、地震の影響はまだ続いているようだ。
目に余る仲良しぶり。
11050807


王様いっちゃんの家来時代から苦節22年。
Kは今やっと、猫とのラブラブ生活を堪能している。


ワタクシは生暖かく見守ろうと思う。

— posted by hipi at 11:49 pm  

T: Y: ALL: Online:
Created in 0.0192 sec.
2011.5
SMTWTFS
12345 67
8 9101112 1314
15 16 17 18192021
22232425262728
293031