ハンターのプライドにかけてゲット

暑い間は買う気になれなかったお刺身類。
涼しくなってすぐ、先日、生ホタテを購入。
らくさん、ワンパックを爆食の完食。


今日は釜上げしらすを購入。
しょっぱいから少しだけ、カリカリに混ぜて。
らくさん、爆食の完食。


らくはワタシがスーパーの袋を持って帰宅すると、必ず走ってやってきて、袋に頭を突っ込んで念入りに中身を確認する。
らくのオイシイが入っていないと、つまんなそうな顔をして、早々に立ち去る。
らくのオイシイが入っていると、テコでもその場を動かない。
素早く袋を片付けないと、刺身類はらくに速攻引きずり出されてしまうので、カイヌシは靴を脱ぐのも大急ぎ。


で、カイヌシが袋を持ちあげて移動すると、もちろん後ろをついてきて、オイシイをゲットするまで離れない。
この素晴らしい粘着力、ラクシュミーは優秀なオイシイハンターだと思います。
10093011
オレさまは、けっして

10093013
オイシイ、を、

10093015
にがさ、ない。


— posted by hipi at 11:45 pm  

カイヌシまでの距離は0mm

ベロンベロン
10092903


このとき、イエヤマネコとカイヌシの距離は約2m。
10092916


ごろんごろん
10092918


アクビしたりしつつ
10092921


カイヌシのほうに、1mにじり寄る
10092923


もっかい、ベロンベロン
10092930


ひとしきりグルーミングして、
10092933


残り1mの距離を一気に進み、カイヌシにくっつく
10092936


ぴたーっと密着。
10092939


うはは。
うははははー!
カイヌシは動いてないよ。
らくのほうから来たんだよー!

10092943


農園主の任務も忘れずに。
10092947


開花したジャーマンダーセージのチェック中。
10092954



— posted by hipi at 11:25 pm  

雷よりも豪雨よりも強いオレさま

昼ごろ、労働先のあたりでは豪雨となった。
帰宅後にくりくりに聞いたところによると、ぎゃおす長屋の近辺では雷もすごかったとのこと。
で、そのときのらくの様子はというと、まるで何事もないようにグースカ猫ベッドでおっぴろがって寝ていたそうだ。


電柱のおニイさんのことはギンギンになって監視するけど、雷や豪雨の音は気にならないらしい。
雷の音でヒトベッドの下に隠れていたこともあるんだけどな。
大きい音だけど害はないと学習したのかもしれない。
らくも大人になったもんです。

— posted by hipi at 11:04 pm  

自宅警備員、全力で任務を遂行中

朝っぱらから、窓のすぐ外の電柱におニイさんが登ってて、道路でもなにやら作業をしている。
ケーブルテレビの配線工事だそうだ。


作業の人たちを監視する自宅警備員。
10092701


厳しい目付き
10092704


そんな怖い顔で見張らなくても。
10092707


部屋の中には誰も入ってこないよ、大丈夫だってば。
10092709


思いっきりにらんでる。
10092706




電柱のおニイさんは、ラクシュミーにガン見されながらの作業となった。
そのせいでおニイさんの手元や足元が狂ったらどうしよう?
もし何かあって、おニイさんが事情を聴かれて、
「デブのネコにスゲい目付きでにらまれて、怖くて足が震えて滑りました・・・。」
なんてことになったら困る。


と思いつつカイヌシは労働に出かけてしまったので、このあとの展開は分からない。
夜、帰宅したときにはいつもとかわらぬ路地と長屋だったので、工事はなにごともなく無事に終わったのだろう。
ああ良かった。

— posted by hipi at 11:36 pm  

雨の切れ間に

やっと涼しくなったと思ったら、今度は雨続きで涼しいを通り越してすでに寒い。
労働に出かけると、どこへ行っても誰かしらが咳き込んでいる。


ラクシュミーは元気。
雨が止むと屋上へ飛び出して、農園主としての任務に励む。
10092610


10092634


10092644



— posted by hipi at 11:27 pm  

T: Y: ALL: Online:
Created in 0.0209 sec.
2010.9
SMTWTFS
   1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30