[ Tags :: 脱走 ]

お隣の屋上には

帰宅して深夜。
らくが「おくじょう~」というので、渋々屋上へのドアを開けると、らくさん、あっという間にドア横のすき間からお隣へ脱走。
隙間をくぐるイエヤマネコの腰の辺りをはっしと押さえたのだが、つるつるにゅるんと逃げられてしまった。


ドア横のすき間は、ネット+空の植木鉢で塞いでいるのだけど、風で鉢が動いたらしく、ちょうどイエヤマネコ1匹が身をくねらせながら通れるくらいの穴が開いていた。
そこを塞ぎながら、
「あ~捕まえに行くのメンドクサー。
夜中だからお隣をピンポンできないしー、こっそり入って見つかったら不法侵入だしー。
ほっといてもそのうち帰ってくるんじゃね?」


とか思っていたら、らくさん、ばびゅーん!!と、エラい勢いでこちら側に戻ってきた。
ワタシの前で急ブレーキで止まったという感じで、ネットを持ち上げてやるとデブとは思えない身のこなしで狭い隙間をくぐり、そのまま家の中に飛び込んで、ドスドスドスと階段を降りていった。
ネットを修復してからワタシも部屋に戻ると、らくさん、2階の床に腹ばいになって、じ~っと固まっている。
「らく、どうした?」と声を掛けると、
「あんあんあん」なんて可愛い声で、いつになく返事をしている。


らくさん、様子がちょっと変。
お隣での滞在時間は、10秒もなかった。
屋上からこんなに早く部屋に戻ることも、通常はない。
らくや。
お隣の屋上で、何かコワイものでも見たですか?


何かって何だろう・・・?


追記・1時間もしたら、すっかりいつも通りになって、食べておっぴろがって寝ていたラクシュミー。
それにしても、お隣の屋上でいったい何が?


写真は7月10日の。
08071016
広大な腹面積

08071017
厚みもたっぷり

08071041
スゲい顔


脱走

— posted by hipi at 11:13 pm  

ネットからの大脱走~その4


朝、屋上で洗濯物を干していたら、目の前のネットの外側を、タタタタターっと茶色のブッタイが駆け抜けていった。
080318a
幅は17~18cmくらい



・・・なんだろう?
・・・野良イタチ?


そう一瞬本気で思ったが、そんなわけないと血の気が引いた。
イエヤマネコじゃん!
普通に常識的に考えて!


洗濯物を手から取り落としたワタシの目の前を、またもやタタタタターっと駆け抜けていく茶色いブッタイ。
なんでアナタ、ネットの外側にいるの?


しかし屋上での脱走は去年3回あって、実は今日で4回目。
いい加減、カイヌシだって慣れてきた。
でも頼むから縁の上を全速力で走らないで~!!


ネットを持ち上げてイエヤマネコを回収しようとしたが、どこもきっちり塞いであって開かない。
重い木のプランターをどかして、やっとイエヤマネコ1匹分のすき間を作り、らくーと呼ぶと、タタタタターっと走ってきて無言で穴に飛び込み、そのまま室内に飛び込んで、ドスドスドスと階段を駆け下りていく音がした。
ご飯を食べに行ったらしい。


何事もなくて良かったが、いったい今日はどこから出たのだろうと、もう一度じっくり現場検証。
部屋へのドアのすぐ横は大きな鉢を置いて塞いであるのだが、風で鉢が動いたようで、イエヤマネコが抜けられるくらいの隙間ができていた。
脱走地点発見。
きっちり塞いだよ~。


ところでらくがネットの外側にいたのは、せいぜい数分のはずだけど、あの慌てぶりからして戻ってきたかったのだと思う。
内側に戻れる場所を捜して、縁をタタタと走っていたようだ。
自分で脱走したくせに。


つか、らくや。
出たところから入ってくれば良かったんじゃないのー?


走っているうちに、どこから出たか分からなくなったのか。
やっぱりおつむがちょっと・・・。


いっちゃんはお散歩に行っても何も心配しなかったけれど、ラクシュミーのことは絶対に出せません。


**********************


ワタシと一緒に屋上に出て、ガクアジサイのチェックに励んでいると思っていたのに。
いつの間にか脱走しやがったラクシュミーさん。
08031809
今まで1階に置いてあったから他の猫のにおいがするのかも

08031811
チェックきびしい

08031813
チェックしつこい

08031819
脱走後の一枚

08031825
ベランダには脱走用の穴がない


脱走

— posted by hipi at 07:55 pm  

T: Y: ALL: Online:
Created in 0.0342 sec.
2018.10
SMTWTFS
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031