茶々、転院

茶々、転院。
血液検査とレントゲンは、前日、前の病院でやっていたので、その結果を持ち込み。
転院先の病院ではエコーを撮ったそう。
で、『猫カゼ』と診断されたという。


病院で注射と皮下輸液。
家で投薬も開始、内服薬5日分。
先生から「ウイルスには抗生物質は効きませんので、お薬を変えます。」という説明があったらしい。


ワタクシとしては、
「猫カゼって、カリシ?ヘルペス?その他?
薬は何に変わったの?
先生に確認しようよママン!」
と突っ込みたいのだが、今はやめておこう。


前の病院では、
「原因は分かりません。
うちで手に負えなかったら大学病院への紹介状を書きますけど、そういうとこはそれはそれはお金がかかるんですよ!
入院したらターイヘンな金額になりますよ!!」
とか言われて、母は、「何百万もかかったら茶々に治療がしてやれない。」
と泣いていた。


母は、発熱や食欲不振だけでも心配なのに、原因が分からないと言われていよいよ不安が大きくなっていたと思う。
そこにもってきて、いかにも莫大な治療費がかかるかのような話をされたら、もうね。
そういう可能性もゼロではないが、大学病院に長期入院なんていう極めてレアなケースの話を、今の段階でされてもなあ。
そんなこんなで心が乱れまくりの中、転院して『猫カゼ』という診断がついて、やっと少しほっとしているのに、「猫カゼっていう病気は厳密には存在しません。猫カゼと言われているものはですね・・・」
なんて、ワタシが言うことではないし。
すっかり落ち着いたら、そのうちなんとなく言ってみようかとは思うけど、今である必要はないもんな。


前の病院で原因不明と言われたことには、納得できるんだよ。
発熱の原因を、たった2~3日で特定するのは難しい・・・というか、無理じゃないか?と思う。
逆に、初診で『猫カゼ』とズバっと診断が出たほうが、「ほんとか~?とりあえず、そう言ってるだけじゃないの~?」と感じてしまうのだが、おかげで母とじいじの気持ちが落ち着いたので、やっぱり言ってもらって良かったと思う。
夫婦揃って悲痛な顔で、朝一番に猫を転院させてきた老齢の飼い主に対する、先生の思いやりなのかもしれないな。


このあたりに関しては、前の病院と新しい病院の差は、純粋に獣医師としての技術というよりも、対人関係スキルという話になりそうだが。
ブッ飛んでる飼い主やクレーマーもいるだろうし、獣医さんもいろいろタイヘンだなとも思うのだが。
前の病院の先生(院長)は、大学病院のこともだけど言うことがひどく極端だったり、母とじいじが聞いたことと私が電話で聞いたことが全然違っていたり、じいじが言うはずもないことを言ったと主張したりで、不可解なことが多かった。
そこそこ混んでいる病院で、特に悪い評判などは近所ではないというし、ネットにもなかったけれど。
なんだったんだろう・・・。


獣医さん選びも、獣医さんとのニンゲン関係も難しいなあ。

— posted by hipi at 11:47 pm  

T: Y: ALL: Online:
Created in 0.0115 sec.
2010.2
SMTWTFS
 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28