そのとき、ちゃぶ台の下では

夕方、ゴーゴーとスコール。
09080948


09080946


雨上がりの夜8時頃、1階にいたときに、部屋がコトコトカタカタ揺れだした。
大きな地震ではないけれど、いつまでも揺れていて気持ち悪いなと思っていたら、グラングラングラン!と、けっこうな大揺れに。
玄関の前でおっぴろがっていたイエヤマネコも、くるりと起き上がって、びっくり顔で天井を見ている。

まずい。
キャリーバッグは2階だった。
取りに行こうか一瞬迷ったが、とりあえずびっくり顔のイエヤマネコを捕まえて、ホールドしたままちゃぶ台の下へ。
小さいちゃぶ台なので、イエヤマネコ全体+カイヌシの頭部だけしか入れないが、そこさえ無事ならなんとかなるであろう。

なんてことを考えているうちにも、揺れは収まるどころか更に大きくなっていく。
ラクシュミーはじっとして、ちゃぶ台の下でカイヌシにホールドされている。
普段だったらありえない態度なので、らくも地震が怖いらしい。
これってイエヤマネコがカイヌシを頼りにしている&信用している証では?
この状況だというのに、そんなことでニマニマしていたら、そのうち揺れが小さくなって収まった。

揺れなくなったとたん、「イヤーッ」と叫びつつ、カイヌシに全力で猫キックをくらわせながら、ちゃぶ台下から出て行ったイエヤマネコ。
あたりにはネコの毛が舞い、カイヌシの顔と首筋と肩には、くっきりと赤いミミズバレが残された。

これって、気象庁だかどこだかに申告すべき?
そうしたらテレビの地震速報で、
「トーキョー23区の震度は4でした。
この地震による怪我人は、セタガヤクでバカカイヌシが一人、デブのカイイエヤマネコに思い切り蹴られて全治3日の怪我。」
などと放送されるのでしょうか。
09080938
さあねー

「ヒドいイエヤマネコですねえ」
というコメンテーターのコメントも、忘れずに付け加えて欲しい。

— posted by hipi at 11:40 pm  

T: Y: ALL: Online:
Created in 0.0156 sec.
2009.8
SMTWTFS
      1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31