ニホンゴ、わかります

今夜は雨で、ちょっと寒い。
らくは猫ベッドで、フリースの毛布にもぐってお休み中。
その横で、らくの写真を見ながらワタシとくりくりが、
09041304


「風船に手足と尻尾をつけたようだ」
と言ったとたん、


フン!


という大きな鼻息と共に、らくが毛布を跳ね飛ばしてベッドからズボっと出てきた。


こちらにガンを飛ばしながら、のっしのっしと山猫ご膳まで歩いていって、ご飯を食べるラクシュミー。
日本語が分かるとしか思えないタイミング。
少なくてもワルクチ(だけ)は理解するらしい。


で、デブって言われると、いよいよ「食べるやる!」と思うのか?
ただ痩せるのはもったいないから、その腹肉と食欲を、将来のイザというときのために貯蓄しておきたい。

— posted by hipi at 11:49 pm  

T: Y: ALL: Online:
Created in 0.0194 sec.
2009.4
SMTWTFS
   1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30