オレさまのエビ

5月4日のこと。
くりくりはトムヤンクンを作るために、加熱用のエビを買ってきた。
においに気が付いたイエヤマネコが
「くれ~!はやく~!オレさまのエビー!」と大騒ぎ。


加熱用のエビを生であげるわけにはいかないし、らくは加熱したエビは食べない。
つまり今夜はイエヤマネコのエビはないのだが、らくはあきらめない。
調理台に居座って、『オレさまのエビ』を要求し続ける。
0805046
生活感あふれる台所



結局ワタシが、甘エビを求めて駅前のスーパーまで走ることになった。
夜も遅めの時間だったので、近いほうの店は売り切れたらしく置いてなかった。
2件目でゲットして、また走って帰り、らくに給仕したのであった。


同じことが昨年も2回あった。
くりくりには
「自分がエビを食べたいなら、必ずイエヤマネコのぶんも買え。自分のエビとらくの甘エビはセットだ!」
と口を酸っぱくして言い聞かせたのに、忘れてしまったらしい。


*******************
こちらは今日のラクシュミー。
08051604
ぎゃおす農園主が苺畑の見回り

08051605
今日の収穫、18個

08051618
日陰を求めてうろうろ

08051615
そこ、ちっとも陰ってないし

08051620
気が付いたらしい

08051616
やっと発見、休憩中

08051663
たまにはキリリとした顔も



夕日で逆光で背中とくれば、たいていのモノは哀愁を帯びた風情をかもし出すのだが
08051668
たそがれイエヤマネコ



ない。
哀愁の『あの字』もない。
ただカワイイだけで、何かあるとすれば、暑苦しいの『あ』くらいだ。

— posted by hipi at 10:46 pm  

T: Y: ALL: Online:
Created in 0.0286 sec.
2008.5
SMTWTFS
    1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31