[ カテゴリー » ラクシュミー » イエヤマネコの非日常 ]

タワー計画

長屋に屋移りして以来、キャットタワーをあまり使わなくなったラクシュミーさん。
それでも夏になるとハウスで寝たりしていたのだが、今年はめったに入らない。
あんなに好きだったタワーなのに。
窓が曇りガラスで外が見えないと、やはりつまらないのかも?


2階のらく&ワタシの部屋には透明の窓があるのだが、置く場所がない。
つか、なんとかすれば置けるけど、なにせ狭いのでどこに設置しても、もし倒れてきたときには、ヒトベッドを直撃する。
キケンなので1階に、と思っていたけど。
らくが楽しくないのでは、元も子もない。


というわけで、タワーを2階に上げよう計画。
まずは場所をつくるため、部屋の中のモノたちの移動。
09070426
全ての変化にネコチェックがはいる

次は、タワーの設置。
09070442
汗だくで奮闘中のくりくり

09070441
そして一方、優雅に外を眺めているラクシュミー

09070447
ツーショット

↑長屋の身分制度が如実に現れている。


完了。
09070454
登ったり

09070461
見張ったり

09070448
入ったり

さっそく活用。
喜んでいるようで、良かった良かった。


あとは、カイヌシが寝ているときにタワーが倒れてこないことを祈るのみ。
(らくは、いくらなんでも逃げられるだろう・・・と思うが・・・)
ネコを喜ばすのも、いよいよイノチガケ。

— posted by hipi at 11:18 pm  

出窓の外に降るものは

らくと一緒にソファ裏の出窓から、外をなんとなく見ていたとき、突然、上から何か茶色いものが落ちてきた。
一瞬の出来事だったけど、ドッスンという音も聞えたし、何かが降ってきたのは間違いない。
何?
屋上に干してある洗濯物?
あんな茶色いもの、干したっけ??
布にしては落ちるスピードが早かったみたいだけど???


出窓の下を覗いてみたら
09061001


猫だった。
09061002
らくとの位置関係

ワタシのことを見ても逃げるどころか、オラオラオラーっと威嚇してくる。


出窓の上から飛び降りたらしい。
これじゃ、らくもガンバルよなあ。
おしっこスプレーで結界を張りたい気持ちも、分かる気がする。

— posted by hipi at 11:25 pm  

防音工事はへっちゃらだ

山猫トイレ&山猫ご膳と共に、朝っぱらからくりくりの部屋に閉じ込められたラクシュミーさん。
洋服ラックと布団の隙間にはさまって、ギンギンの目で固まっている。
09050904


だって隣の部屋(らく&ワタシの部屋)では、知らないおじさんが2人、ドカドカギュインギュインとやっているから。


らくや。
おじさんたちは防音工事の人たちですよ。
隣人カオナシのイビキや笑い声が聞えなくなるように、長屋の天井にグラスウールを突っ込んでいるのです。
いくら説明しても、ラクシュミーはギンギンになって固まったまま。
どうしようもないので、適当に放っておいた。


12時になり、おじさん達はお昼ご飯に出かけていった。
らくをくりくり部屋から開放すると、さっそく家中をくんかくんかと点検して回る。
ときどきワタシの顔を見ながら、ぎゃーと鳴く。
不満の表明?


1時になり、おじさん達が戻ってきたので、らくを再びくりくり部屋に。
しかしらくさん、今度は洋服ラックの隙間に隠れもしないで、部屋の中をウロウロミョンミョン。
やけに落ち着かないが、トイレはちゃんとしたし
09050902


午前中ほど怖がっているわけではなさそうなので、らくを残してワタシだけ1階に降りた。
すると5分ほどのち、テテテテテ~と階段を降りて1階にやってきたラクシュミーさん。


え?
えええええー?


部屋の出入り口は占めてあるが、ベランダへの窓は開いていた。
ベランダから隣の工事中の部屋に移動し、そこから1階に降りたらしい。
ドカドカやっている工事箇所は、部屋の出入り口のすぐ横なので、らくは工事音&おじさん達のすぐ脇をすり抜けて1階に来たことになる。


そのとき1階は、資材の搬入で工事の人が頻繁に出入りするので、掃き出し窓が開けっ放しになっていた。
らくを置いておくには非常に不適切な環境なので、すかさずイエヤマネコを捕獲して、くりくり部屋に再度投入。
しかしらくさん、くりくり部屋に入れたとたんにギャーギャー鳴いて、再びベランダに出て行ってしまう。
工事部屋の網戸は閉めたので、進入はできないけれど、窓の前に張り付いて工事を見学。
09050905


ときどき「ギャー!」と、文句らしきものも言う。
09050906


どうも全然怖がっていなさそう・・・
つか、くりくり部屋から出せとミョンミョンうるさくて敵わないので、もう好きにさせることに。
1階の窓を閉めてから、イエヤマネコ開放。
工事の人には、両手に荷物を持った状態でいちいち窓を開けて出入りしてもらうことになり、不便をかけてしまうが、午前中ほどの頻繁な出入りはないので許してもらおう。


開放されたイエヤマネコは、いつもの山猫ご膳の前で「みょ~ん」と鳴く。
らくや。
ご飯はくりくり部屋ですよ。
言っても分からないようなので、お膳を元の場所に戻した。
らくさん、工事の音がゴンゴン、おじさんウロウロの中で平気でお食事。
09050917


ご飯を食べたら、タワーハウス。
09050925


タワーは部屋を挟んで階段の真正面なので、2階から降りてくるおじさんの動きを逐一見張っているもよう。


タワーから降りたと思ったら、階段を半分ほど登って上の様子を伺っているラクシュミーさん。
おじさんが降りてきたが、らくが真ん中で頑張っているので通れない。
ラクシュミーのすぐ上の段までおじさんが降りてきても、らくは平気な顔をしてどかないから
「ちょっと通してくれるかな?」
とお願いされたイエヤマネコ。


抱っこしてどかしたら、ソファにどっかり。
09050934


2階のことは気にしてはいるのだが
09050944


09050940


09050941


おじさんがすぐ横を通っていっても、やっぱり平気。
09050939
まあ、いいか、みょん



そんなこんなで工事は夕方には終り、らく&ワタシの部屋を片付けると

09050950


自分の陣地を主張するかのように、さっそく部屋でおっひろがるイエヤマネコ。
らくが足をかけている押入れの上が、まさに工事をしていた箇所。
09050947


はいはい、らくの場所ですねー。


このあと隣人と電話で話しながら、声の漏れを確認。
怒鳴るような大声なら聞えるけれど、特に気を遣っていない程度の通常の話し声は聞えなくなった。
これならイビキも、ウフフ~も大丈夫そう。
今日はバタバタしたけど、工事の効果があって良かった。


それにしても、らくや。
アナタ工事も工事の人も平気だったのね。


・・・なんで?

— posted by hipi at 11:55 pm  

1年ぶりの白いもの

窓ガラスが白く汚れているワケじゃなくて
09022701


雪です。
09022702


窓を開けてみた。
09022719


落ちてくる雪を目で追って、頭を上下させているイエヤマネコ。
09022709


今年は室内から見るだけで、外には出なかった。
09022716


イエヤマネコも、分別がつくお年頃になったのかもね。
09022730
それはどうかなー


— posted by hipi at 11:32 pm  

オレさまの接待

美帆ちゃん来訪。
らくはコタツから出てこないものの、逃げる気配はなし。
2階でも同室に留まる。
・・・が。
09010542
目が泳いでいる

09010538
困惑?

でも、これだけでも充分にスゴい。
他の人だと、すっ飛んで逃げて隠れてしまい幻のイエヤマネコとなるラクシュミーさん。
美帆ちゃんには抱きつかれてもじっとしていた。
たまにしか会わないけど、らくは美帆ちゃんのことを覚えているっぽい。


つかさ。
こんなこと、ワシにだってめったにさせてくれないよー。
やっぱらく、美帆ちゃんが好きみたい。

— posted by hipi at 11:13 pm  

T: Y: ALL: Online:
Created in 0.1179 sec.
2018.11
SMTWTFS
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930