[ カテゴリー » カイヌシ » とほほ ]

カオナシがうるさい

隣人との騒音問題。
何回か会っているし電話でも直接話し合っていて、その度に丁寧な返答をいただいているのだが、いっこうに改善されない。
なんでやねん!
隣人、言うこととやることに差がありすぎる。
話し合いのときだけ、テキトーなことを言っているような感じはしないのに。
もしや、人格に異常が?
それともビョーキ?
非常に不思議だったのだが、昨夜の出来事をきっかけに謎が解けた。


隣は友人同士の男二人、ルームシェアなのだが、ワタシが会った事があり何度も話しをしているのは一人だけ。
メガネをかけている人なので、彼を仮にメガネさんとしておく。


さて、昨夜の25時。
ギャハハハハ~と突然バカ笑いが響き渡り、それから床を踏みしめているかのようなドンドンという足音を立てながら家の中を歩き回り階段の昇り降りをし、その間、ずっと大声でしゃべっている。


25時半。
話し声と足音はやんだが、ゴトゴトガタガタ、何か始めた。


26時。
ウフフフフ~ウフフフフ~と笑い出す。
ずっと笑っている。
ときどき何かしゃべっている。


26時半。
いっこうに笑い声&ボソボソしゃべる声がやまないので、くりくりが天袋に顔を突っ込んで、
「聞えてますよー」と、小さい声で呼びかける。
そんなことをやったのは、昨夜が初めて。
長屋の2階の天井裏が全部繋がっているらしく、声はそこから漏れてきていると思われるからだが、小さい声なのは、隣の更に隣の住人の迷惑ならないように。
とにかくそんなことをしてしまうくらい、笑い声が気持ち悪くて、聞き続けるのは限界だった。


しかしくりくりの声が小さすぎて聞えなかいのか、ウフフフフ~はやまない。
ここでワタシは、メガネさんに電話。
夜中の2時半に電話なんかしたくない。
常識的に考えれば、明日まで待ってかけるべきなのは分かっているが、笑い声があと何時間も続くかもと思うとこちらのキが違いそうなので、気力をふり絞ってかける。


メガネさん、ツーコールで出る。
平謝り。
謝ってくれるよりも、なぜ言うこととやることがこんなに違うのか?と説明を求めると、
「ボク、今、家に居なくて・・・。すみません、電話してきつく注意します。」というお答え。


家に居ないですって?
その一言で、今までの数々の疑問や、メガネさんと話すたびになんとなく感じていた違和感が解け、すべて辻褄が合った気がした。
メガネさんは午前11頃に仕事に出かけて、帰宅は早くて22時くらいだそう。
今日のように遅くまで仕事をしていることも、ときどきあるらしい。
で、隣がうるさいのは、メガネさんが不在のときのようだ。
以前から、聞えるのはいつも一人の声だけだが、メガネさんの声は小さいor響きにくい声質かなにかで、同居の友人のしゃべり声や笑い声だけ聞えてくるのかと思っていたが。
どうやら彼が、一人の時に、のびのびと騒いでいるらしい。
この友人のほうは顔を見たこともないので(声だけはイヤってほど聞いているが)、仮にカオナシとしておく。


カオナシ!
ウッセーのはおまえだけかよ!


そして一方くりくりは、ワタシが電話している間に再度天井裏に向かって、今度は少々大きめの声で
「聞えてるよ!うるせーよ!」と言ったところ、
軽快な声で
「はい、分かりました!」
という返事が返ってきたそうだ。


・・・・・


それでやっと静かになった。
メガネさんとの電話で、疑問も解けた。
しかし新たな問題が。


メガネさんが居ないのなら、25時のバカ笑いとしゃべり声は、カオナシが電話をしていたのかもしれない。
しかしその後のウフフフフ~とぼそぼそ声は、一人で笑ってしゃべっていたということになる。
ウフフフフ~は深夜によく聞えてくるが、メガネさんとヒソヒソ話をしているのかと思っていたけど。
いつもはもっと小さい声で、気持ち悪いことは悪かったけれど、それでも気を遣っているのだろうなと思われる音量だったので、それについては今までは、隣に何か言ったことはない。
今日はいつもよりずっと大きなウフフフフ~だったのは、一人だから遠慮なく笑っていたのだろう。


ウフフフフ~ウフフフフ~
深夜に一人で、何時間も、ウフフフフ~。


それに、深夜一人で笑っているときに天井から「ウルセー」という声が降ってきたら、明るく元気にごく普通に
「はい、分かりました♪」って返事ができるものだろうか?
びっくりして固まって、シーンとするなら理解できるけど。
こういう騒ぎは今までに何回もあって、つい3日前にもメガネさんが
「深夜早朝には、2階の西側の部屋では、大きな声や大きな音を出しません。」
と約束してくれたばかりなのに。
当然カオナシにもそれは伝わっているはずで、それですら、もう何回目の約束だよって感じだったのだが。


カオナシ、心かオツムに不具合があるのか?
大学生にもなって、友人が監視していないと騒ぎ出すってなんなんだ。
だいたいこの人、一歩も外に出ないんだよ。
毎日24時間、ずーっと家にいるんだよ。
メガネさんがいつ寝ていつ起きて、いつ出かけていつ帰ってきたかなんて、まったく気がつかない。
カオナシだけ、寝てても起きてても存在をアピールしてくるから、知りたくないけど分かっちゃうんだよ。


という騒ぎがあって、ほとんど眠れず今日の朝。
ワシ、労働がなくてよかった(くりくりは昼から行った)。
心身ともにどっと疲れて、何もやる気がせずボーっとすごす。


しかしそのうち、カオナシが本当にイっちゃってる人だったらどうしようと怖くなり、管理会社に電話して現状を訴える。
管理会社は、本人から直接話しを聞いてみるという。
夕方、管理会社から電話あり。
結論から言うと、カオナシは暇な大学生で、パソコンを使いながら笑っているそうだ。
今は春休みかなんかで毎日家に居るんでしょう、厳重注意しておきましたので、という話。


ネットかなんか見て笑っていたのだろうが、一人で何時間もしゃべりながら笑うのって普通か?
とか、
いくら春休みでも、1月半ばに越してきてからぜんぜん外に出ない、友人と会ったり買い物に行ったりもしないって普通か?(少なくてもワタシが家に居るときには必ずカオナシも在宅している)。
と思ったが、まあそれは本人の勝手だろう。
気持ち悪いが。

夜の9時くらいに管理会社の人がうちまで来て、謝ってくれた。
うちだけのためにわざわざ来たわけでは、もちろんない。
別の用事のついでに寄ってくれた。
うちの後に隣にも行き、何か話している声とカオナシが「はい、はい」と返事をしている声が聞えていたので、ダメ押しで注意をしてくれたのかもしれない。


そして夜も更けてきて、24時近く。
そろそろカオナシが活発に活動を始める時間だが、今のところ、非常に静かだ。
メガネさんは今日も仕事で遅くなるそうだから、カオナシ一人のはずだが、なんの物音も声も聞えない。
今までも、静かになって安心していたらまた騒ぎ出すという経過を繰り返しているので油断はできないが、今回初めて管理会社から注意されたことで、いつもより長くもってくれるといいのだが。


近々、ぎゃおす長屋の防音工事をしてもらうことになっている。
さんざんカオナシがうるさいと書いたが、一般的な防音性能がある建物ならば、カオナシの声も決して非常識という大きさではないはずなのだ。
大家さんの負担で、隣の床にカーペットを敷いてもらうことにもなった。
床がフローリングのままだと、例えば携帯電話を床に置いただけでも、ゴ~ンとこちらに響いてしまうようなので。
つまり建物の造りが問題なのであって、カオナシは普通に(=あまり気を遣わないで)生活しているだけなのだ。
でも、こういう建物なので、特に深夜は声や音に気をつけてくださいという簡単なことが理解できないカオナシもナンダカナーと思うが。
しかも、防音工事が完了するまでの間、せいぜい1週間か10日ほど、2階の西側の部屋でだけ声の音量に配慮して欲しいとお願いしているだけなのに。


ああ疲れた。


寝不足で肩凝りがひどくなったので、夕方からプールに。
疲れていて眠いのに、カッパ降臨。
水の中では絶好調。
ワハハハハっ!
そういえば昨日までは、風邪が治りきらなくて調子が悪かったが、気がつけば今日はそれも治っている。
昨夜の怒りでアドレナリンがドバドバ出て、治ったのかもしれない。
カオナシのおかげか。
怒りのアドレナリン療法。
でももう、金輪際いらんがな。


*************
らくは隣のカオナシよりも、外の猫さんが気になるそうです。
09033114


09033117



— posted by hipi at 11:59 pm  

準備日改め睡眠日

カイヌシ、労働トライアスロンが昨日で終わったので、今日は確定申告の準備をする予定だったのだが。


寝てしまった。
ほぼ1日中。
たまに起きてお茶を入れて煙草を吸って、するとまた眠くなるから寝てしまう。
0903062


↑経費の入力をしようと、一旦はPCを立ち上げたのだが。
イエヤマネコも付き合ってくれてたのだが(ウソ)。


確定申告の準備は、長屋内のあちこちに放り出してある必要経費の領収書を拾い集めるところから始まる。
去年はこの作業に丸1日かかったので、領収書は決まったところに置いておこうと心に誓ったのに、今年も同じことに。
あっちから5枚、こっちから10枚、そっちから30枚とバラバラに発掘される。
あああメンドクサー。

— posted by hipi at 11:51 pm  

予想外がいっぱい

お金がない。
カイヌシ、何か換金できるものはないかと3秒考え、使っていないYAMAHAのDTM機材とMIDI音源、SONYのPDAを売り飛ばすことにした。
ソフマップの中古買取のページで調べてみると、全部合わせて上限が約3万円。
傷だの汚れだのでマイナスがついても、2万円以上にはなりそうだ。
ウヒヒヒヒ。さっそく売りに行きましょう。


以前にも何回か行ったことのある新宿ソフマップに持ち込むと、今、そこはゲームソフトの買取だけになったという。
周辺機器などは、ああ行ってこう行ったビルの地下の買い取りセンターまでお願いしますと言われたので、重い機器類を抱えて、ああ行ってこう行って、無事に目的のビルを発見。
狭いビルの入り口を通り、管理人室を横目に細い通路をクネクネと進み、殺風景なコンクリートの階段を降りて、「発禁本をこっそり買いに行くのはこういう気分かしら」などと思いつつ、ソフマップ中古品買い取りセンターに到着。


アイソのない薄暗い廊下から室内に入ると、いきなり、のっぺりと白かった。
蛍光灯にすみずみまで照らされた小部屋(店内)は、店舗の雰囲気はまったくなく、病院の受付そっくり。
飲み物の自動販売機があって、カウンターの前には3~4個のベンチが並べられていて、そこには背中を丸めて座っている先客が3人。
漫画に出てくる一昔前のオタクそのまんまの外見、服装。
今どきはオタクも多様化していて、派手なオタクとかオサレなオタクとかいると思うのだが、小部屋の3人は宅八郎さんの系統といいますか、伝統的・正統的なオタクさんたちのよう。
ワタクシも彼らに混じって、銀行の順番待ちカードのような紙を取り、背中を丸めてベンチに座って待つ。


20分ほどで順番が来て、売り物を入れたヨドバシカメラの紙袋をドカっとカウンターの上に置きつつ「DTMの機材とMIDI音源とPDAです。」と言うと、
「あ~・・・DTMにMIDI・・・。うちでは査定できません。扱っているのは秋葉原店だけです。」
と言われてしまい、えええええーっと大げさに驚きつつ打開策をひねり出そうとしたが、そんなもの、あるわけがない。
こんな重い荷物を持ってこれ以上歩きたくないが、秋葉原まで行くしかないってことだろう。
待ってろよ、アキバ。オタクを舐めんなよ~。


新宿では片手でつまめるようなPDAだけ売却。
ネットで見たときには査定額の上限は四千円台だったように思ったが、店では三千八百円とかなんとか言われて、更に傷があるので少し値段を引かれて、三千三百円の売り上げなり。


ちっとも軽くなっていない荷物を持って駅まで戻り、電車に乗ってアキバのソフマップへ。
こちらの買取場所は、ごく普通のショップの中にあるのだが、狭い階段を5階まで昇らなくてはならない。
たどりつくとそこは、ごく普通のDTM機材の売り場の一角で、先客は黒人のにーちゃんが一人。
すぐにワタクシの番になって、ヨドバシカメラの紙袋ごと預ける。
現金を手にしたら何か食べて帰ろうと思っていたのに、査定に2時間半かかるという。


秋葉原で2時間半・・・。
待ってられるか~。
仕方がないので、振込みにしてもらう。


ソフマップを出て、荷物がなくなって身軽になったがお財布も軽いまま、ヨロヨロと駅前のエクセルシオールカフェに入る。
何か軽く食べたかったのもあるが、なによりも、ゆっくりと座ってコーヒーを飲みながら、外道行為(喫煙)がしたかった。
でっかいアイスコーヒーと温かいパニーニ、合わせて750円なりを支払って、
「喫煙席はどこですか?」
と聞くと、
「喫煙席はありません。」
という、信じられない言葉が返ってきた。
「外の席も?」と重ねて聞くと
「外も禁煙です。」
と、あっさり返される。


外道行為ができないのでは、こんな店に用はない。
カウンターの上に置かれた、でっかいアイスコーヒーとパニーニが乗ったトレーの前で、
「じゃあオーダーやめるからカネ返せ!」と騒ごうか、
いきなりトレーをひっくり返してアバレようか、たっぷり10秒間は悩んだ。
悩んだあげく、結局はどちらもやらずに、おとなしくトレーを持って空いていた席につく。
ワタクシが小心者だというのが最大の理由だけれど、騒いでもアバレても、絶対に750円は返してくれないだろうし、煙草も吸えない。
警察なんか呼ばれたら、さらに面倒だ。
つまり、良い事は一個もないってことで。


ってことで、大人しく席に着いたワタクシ、でっかいアイスコーヒーを一気に飲み干し、紙袋をもらってパニーニを入れて、素早く店を出た。
滞在時間は、5分もなかったと思う。
店の前には小さい店内案内のようなものが立っていて、ファストフードとかカフェの入り口によくあるものだけれど、たいていは
『1階・・・禁煙 10席  喫煙 5席   2階・・・全席禁煙 30席   3階・・・全席喫煙 30席』などと書かれている。
出るときに、エクセルシオールカフェの案内を見たら、
『1階・・・禁煙席  2階・・・禁煙席』と、書いてあった。


しっかり確認してから入らなかったワタクシが悪い。
でも全面的に禁煙なら、まん前に立たなければ読めないくらいのちっこい文字で、『1階・・・2階・・・』などとちまちま記さずに、でっかく4文字だけ書いておけ。
『全席禁煙』と。
こういう案内板があれば、喫煙席と禁煙席があると思ってしまうオタクはワタクシだけではないはずだ。


で、店を出て駅のホームに直行し、地の果てかってくらいホームの端っこの喫煙エリアで外道行為を果たし、自販機で飲み物を買い、ホームのベンチに座って、パニーニを食べたのであった。
食べながら黄色い電車を2回ほど見送ったのだが、眺めているうちに、「高円寺に行こう」と思いついてしまった。


一昨日、高円寺の駅近くの花屋に『ネコノヒゲ』という植物の鉢植えがあって買いたかったのだけれど、労働中だったし、雨の中仕事道具と一緒に鉢を持ち帰ることは困難と思われたので断念。
しかし秋葉原から高円寺は、電車で1本。
これはネコノヒゲを買いなさいという、ネコノヒゲ神様からの指令かもしれない。
イザ高円寺に!
ということで、鼻息も荒く黄色い電車に乗り込んで、コトンコトンと揺られて、高円寺に到着。
花屋に着いたが、店先にネコノヒゲはない。
店員さんに聞くと、「ついさっき売れました」と。


あはは。
あははははっ。
そんな気はしたんだけど、やっぱりねえ。
それにしても、ついさっきって。ねえ。


脱力して帰宅したが、
『逃したものほど欲しくなる』の原則に則って、ネコノヒゲが気になってしかたがない。
結局、帰宅してから自転車でちょっと遠出をして走り回り、ネコノヒゲを捜し当てて購入成功。
necoh08092403
買ったときには蕾だけだった。これは翌日の写真。

necoh08092606
ヒゲの先は、ほんのり薄紫



ウハハハハ。
欲望は勝つ。
けど、よく考えたら今日の目的は『現金を手に入れる』だったはずなのに、それが『外道行為を行う』になり、『ネコノヒゲを手に入れる』になり、自転車で走り回るという思わぬ展開になった。
人生、先のことは分からないものだけど、1時間後のことすら分からない。


バタバタの1日が終わりさて休もうとしたら、最近はいつも1階で寝ているイエヤマネコが、ヒトベッドのど真ん中に。
08092402


なんで今日にかぎって?
カイヌシは、端っこで、できるだけ小さく横になりました。
これも予想外だったけど、かなり嬉しい(寝にくいけどなー)。


08092433
予想外の体型

08092431
予想外の体重

08092421
ヘタなよそうは、しないほうがいいみょん


— posted by hipi at 11:49 pm  

PCトラブル

ノートPCのキーボードのFが壊れた。
押すところが剥がれてしまったので(掃除をするときに取り外す部分ではなくて、もう一段階上の層)、接着剤でくっ付けたら、渾身の力を込めないと押せなくなったー。
力技のタイピングは疲れるよ。

pc

— posted by hipi at 10:46 pm  

ブログ覚え書き

ブログ(ここだよ)のphpファイルをいじっていたら、スクリプトがぶっこわれたー。
ログファイルに余計な情報がくっついてしまったようで、アクセスできない。
復旧に3時間。
とほほ。

ブログ

— posted by hipi at 04:13 pm  

T: Y: ALL: Online:
Created in 0.0796 sec.
2018.11
SMTWTFS
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930