[ カテゴリー » カイヌシ » いろいろ ]

三茶で密談

裕子ちゃん(元スタイリスト。現在はバリ島でブティック経営。)と、三軒茶屋で密談。
エネルギーを吸い取られて帰宅。


家に入るなり、おっぴろがっているイエヤマネコを見て、残り僅かなエネルギーも全て吸い取られた。
もう、寝る。


↓おっぴろがっていないときも、たまにはある。
100909108



— posted by hipi at 11:00 pm  

タグがデカいと思うのですが

先日買った、ユニクロのパンツ(下着のほうのパンツ)。
DSC04488
2枚で990円

下着にこんなデカいタグを3枚もつけるって、嫌がらせかしら?
着心地とか考えてないのかしら?
と思っていたら、
DSC04484
3枚で1990円

H&Mのパンツには、4枚ついていた。


ワタシはタグが肌に当たると、痛くて肌荒れしてしまうので気になるのだけど、それってワタシだけ?
みんな平気なのかなあ。

— posted by hipi at 11:36 pm  

夢の話

昨夜は帰宅して、お風呂に入ってご飯を食べたら気絶寝。
エアコンつけっぱなし、ネットでFM流しっぱなし、電気もつけっぱなし。
ラクシュミーの歯磨きも、それどころか自分の歯磨きすらできず。


起きなきゃ起きなきゃって思いながら寝ていたせいか、延々と夢を見ていた。
以下、起きる直前に見ていた、覚えている夢の話。
ちなみに総天然色。


******
ワタシは一人で部屋にいた。
少々広めのワンルームって感じの、知らない部屋だが、自分のうちだとなぜか分かる。
そこに、じいやさんLink がやってきて、
「眠いので寝かせてくれ。」という。
いいよというと、勝手にベッドに横になって寝た。


次にmoomamaLink がやってきた。
お腹が空いたので、何か食べに来たという。
冷蔵庫を開けると、中にはポツンと『食べるラー油』だけが入っていた。
炊いたご飯があったので、お茶碗によそって、ラー油と一緒に出した。
文句も言わずに、ご飯にラー油をかけて、ひたすら食べるmoomama。
ワタシは、食べているmoomamaと寝ているじいやさんを交互に見ながら、ぼーっとしていた。


というところで目が覚めた。
夢はいつでもそうだけど、言うまでもないことだけど、すべてがありえない展開。
******


いっちゃんも、夢を見ているのか、よく寝言を言っていた。
9717
王様14歳。くりくりと。

らくもたま〜に、寝ながらしゃべっていることがある。
10081706


どんな夢を見ているの?
10081701
ねこかん・・・


— posted by hipi at 11:50 pm  

枠すら危うい

棚の上のイエヤマネコ。
10072807


冬は時々ここで寝ているけれど、暑い時期には近寄りもしないので、珍しい。


らくの左側の、白い棚の上部が空いているのは、つい数日前に文庫本の整理をしたから。
いっちゃんが君臨したぎゃおすマンションから、2年だけ住んだ仮ぎゃおすマンション、そしてここぎゃおす長屋と引っ越すうちに、本を整理しまくってかなり数を減らしてきた。
しかし本っていうのは、いつの間にか、じわじわ〜っと増える。
またもや棚がいっぱいになってしまって、写真では空いているハンパな高さの部分にも、部屋のあっちの隅にもこっちの角にも、ダラダラと積み上がっていた今日この頃。
で、らくのおしっこ結界撤去のついでに、
「本は棚に収まるだけにする」
という目標のもと、大量に処分をしたばかり。


そして整理のさいに、同じ本が2冊あってちょっとびびった。
前に読んだのをすっかり忘れて、また買ってしまうのはよくあることなので、同じ本が2冊あることは別に全然、驚かないのだが。
同じ本だった場合には、いつもは読んでいるうちに
「・・・あれ?これ、前に読んだよね?」
って気がついて、急にスラスラと、あるいは薄らぼんやりと、その後のストーリー展開などを思い出す。


ところが今回、2冊出てきた本は、以前に読んだ記憶がまったくなかった。
新しいほうの1冊は、1年くらい前に買って読んで、内容はまだはっきり覚えている。
古い方の1冊は、日に焼けてボロボロに古びているので、何年前どころではなく何十年前に買ったものと思う。
しかしいくら何十年前だって、「これ、読んだことあるような気がする」ってチラとも思わなかったって・・・。


しかも、軽めのエッセイとか、スススと読み終えてしまう類のものだったとか、難解でちっとも理解できなかったとかいう内容じゃない。
共感できる部分も、「は?」と突っ込みたい部分もテンコ盛りにあって、1年前に読み終わったときにはアレコレグルグルと考えてしまった、という本なのに。
いっこも中身を覚えてなかったって、ワタクシの脳みそマジでヤバいんじゃ?
ワタシは昔からなんでも忘れてしまうので、海馬の底が抜けて枠しかないのかと思っていたが、枠すら危うい。


余談だけど、本はもう増やしたくないんだよ。
以前は、スペースの問題で、定期的に本を処分しなければならないのが悲しかった。
もしもお金持ちになったら、本を処分せずにずっと所有していたい、自分の図書室があったらイイナと思っていた。


でも今は、本当に大事な本だけ、数冊程度を持っているのが理想となった。
本やCDを含め、ワタシが後生大事に抱えているモノたちすべて、ワタシがころっといっちゃんのところに行ったら、みなただのガラクタ、ゴミになる。
ワタシのガラクタを片付けるのは、おそらく美帆ちゃん(妹)になるだろうが、美帆ちゃんが気の毒なので、できるだけモノは少なくしておきたい。


いくら好きだって、残りの人生で何回、同じ本を読み返すのかと思うと、ゼロかもしれないというものも少なくない。
読み返さないかもって思っているのに、その作家が好きだから持っていたいとか、そういう理由で整理できないでいる。
なので数冊とは程遠い数の書籍があるのだけど、だんだんに減らせたらいいな。
もう一度読みたいと思ったら、図書館だってあるもんね。


なんて思っているくせに、日々着々と、ありとあらゆるガラクタが増え続けているぎゃおす長屋。
不思議な現象でございます。

— posted by hipi at 11:18 pm  

高カロリー・高栄養・完全栄養食!

カイヌシ、猫缶の空缶を洗っていたら、指をサックリと切ってしまった。
小さい傷だけど、水を使っているときだったせいか、けっこう派手に血が流れる。
とりあえずティッシュで押さえたけど、なかなか血は止まらずに、白いペーパーに赤いシミが広がっていく。


何度目かに傷からティッシュ離したときに、またもやブワッと表面張力で盛り上がったように血が湧いたのを見て、なんとなく口でチュっと吸った。
錆びのような鉄の味と、それから、なんつうか、「栄養がありそうだなあ」という感じの味がして、『滋養強壮』という言葉が頭に浮かんだ。


栄養、あるんじゃないか?
動物(含むニンゲン)の血を吸うことで、生きている生物は少なくない。
ってことは、血にはかなり栄養があるに違いない。
もしかしたら、完全栄養食・・・?
カロリーも低くはなさそうだ。


なんて考えていたら、血液は強制給餌に使うにはいい食材(とは言わないかもしれないが)ではないか?
と思えてきた。
で、ちょっと調べてみた。
ニンゲンの血液のカロリーは、100gで100cal近くあるようだった。
タンパク質は7%くらい。
これらの数字は、本気で調べたわけではなくてちょっとしたお遊び、ナナメ検索しただけなので、ぜんぜん違うかもしれないが、血液が高栄養・高カロリーで、タンパク質は高くないというのは、ほぼ確実だと思われる。


おまけに血液は液状だ。
こっくんしやすい。
慢性腎不全の猫に強制給餌するにはぴったりでは?
ワタシは強制給餌がヘタクソで、いっちゃんにはろくにできなかったが、血液だったらもしかしたら飲んでくれたかも!


ああ、気がつくのが遅かった。
でもうちには、まだ大切なイエヤマネコがいる。
遠い将来に、もしもラクシュミーが腎不全になってご飯いらないをされたら、カイヌシの生き血を飲ませたらいいのでは?
猫が1日に必要なカロリー及び栄養を満たすには、ニンゲンの血は何グラムくらい必要なんだろう。
でもってワタシは、毎日、何ccくらいの血を抜いてもオッケなんだろう?


このあたりで、カイヌシ、お遊びではなく真剣に考え始めた。
血を毎日抜くなら、体重が多い方が有利だろう。
が、ワシは体質の関係なのか、体重が増えない。
1800gという未熟児で生まれてきて以来、乳児の頃の一時期を除いて、身体に脂肪がつかない。
女性らしさに欠ける体型なのは非常に残念なことだが、反面、いくら食べても太らないというのはラッキーなのかも・・・とか思って自分を慰めていたけれど。


こうなったからには、ラッキーでもなんでもないやんけ。
らくに必要十分な血を飲ませてやれるくらいの体重にならなくては!
・・・って、どうしたら、そういうカラダになれるんだろう。


らくや。
どう思う?
10052230
どうも、こうも

10052232
かれきの、ような、カイヌシの

10052233
ち、とかね

10052303
おことわり、する。

10052238
わかい、おんなのこ、のなら

10052239
うけつける、みょん



注)ニンゲンの血が慢性腎不全の猫さんにナイスというのは、ワタクシの脳内妄想です。
本気にしてはイケナイよー。

— posted by hipi at 11:19 pm  

T: Y: ALL: Online:
Created in 0.0335 sec.
2018.4
SMTWTFS
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930