[ カテゴリー » いろいろ猫さん ]

ネコ、ついてます

裕子ちゃんが13日にインドネシアに戻るので、三茶でお茶。
彼女はバリ島で洋服屋さんを経営しているのだが、お父さんの介護を助けるために、去年の秋からは日本にいる時間のほうが長い。
今回も2ヶ月で帰って来るそうだが、なかなかゆっくり会えなくて、いつも時間を縫うようにして会ってはしゃべる。


裕子ちゃんはかつて、渋谷道玄坂の百軒店の中の、風呂なし共同トイレのアパートに猫と住んでいた。
猫を飼っていたのではなくて、『猫と居た』、あるいは『部屋に猫が居た』という言い方のほうが近い。


彼女がその部屋に屋移りした晩に、少し開けておいた木枠のサッシ窓から、小さい三毛猫が入ってきた。
慣れた足取りで部屋を横切り、初対面の裕子ちゃんのことを警戒する素振りもなく、当たり前の顔をして部屋の中で寝てしまった。
朝になると猫は起きてどこかへ出かけていき、夕方になると窓から帰ってきて部屋の中で眠り、夜中にまたどこかへ出かけて行って、明け方に帰ってきた。
裕子ちゃんはキャットフードを買ってきて、三毛猫ちゃんに出してみたら、当たり前の顔をして食べたという。
三毛猫ちゃんは、食べたら寝て、寝て起きたらどこかへ出かけていって、帰ってきたらご飯を食べて、寝る。
裕子ちゃんが百軒店に借りたアパートは猫つきの部屋だったわけで、というか元々猫が住み着いていた部屋を裕子ちゃんが借りたというわけで、そうして彼女と三毛猫ちゃんの共同生活が始まった。


三毛猫ちゃんは小さい猫だったので、チビちゃんと呼ばれるようになった。
チビちゃんが出入りするから、部屋の窓は、冬でもいつも少し開いている。
当時の裕子ちゃんはスタイリストで、ある日の晩、部屋で、翌日の仕事に使う衣装に装飾をつけていたそうだ。
お腹がすいたが、食事や買い物に行く時間はない。
で、傍らで寝ていたチビちゃんに、「チビ、お腹がすいたね。」と話しかけた。


チビちゃんは、薄目を開けて、それから伸びをして立ち上がって、部屋の窓から出て行った。
30分ほどで口に何かをくわえて帰ってきて、裕子ちゃんの目の前に、口に咥えてきたモノをぽとんと落とした。
拾って見てみると、紙ナプキンにはさまれた、明らかに誰かが食べ残した、冷えて固まったピザの1辺だったそうだ。
「お腹がすいた」といったあとに、チビちゃんがピザをくわえてきたという偶然に驚きながらも、彼女はチビちゃんに丁寧にお礼を言って、ピザを食べたふりをしてこっそり捨てたという。


そのからしばらく後、裕子ちゃんが彼氏とベッドでゴロゴロしながら、「お腹すいたね」「チキンが食べたい」という会話をしていたらしい。
するとチビちゃんは部屋から出て行き、30分ほどたって帰ってきて、裕子ちゃんと彼氏の前に、口にくわえてきたものをぽとんと落とした。
それはフライドチキンの骨で、わずかに肉片が残っていたという。


裕子ちゃんはその部屋に3年くらい住んでいたが、その間、チビちゃんが何かをくわえて帰ってきたことも、食べ物を持ってきたことも、その2回だけだった。
ピザのときには偶然だと思っていた裕子ちゃんも、2回目のチキンのときには、チビちゃんは言葉を理解していると思ったそうだ。


チビちゃんは言葉を理解して、チキンという単語が何かを知っていて、お腹がすいている裕子ちゃんに何かを食べさせてあげたいという母親のような気持ちまであったらしい。
「手のかかるニンゲンだわ」と思って、裕子ちゃんの世話をしていたのかもしれない。
チビちゃんには私も何度も会ったことがあるが、本当に小さくて、賢そうな整った顔立ちで、めったに声を出さない、大人しい猫さんだった。


裕子ちゃんはアパートから引越しをするときに、チビちゃんを連れて行くつもりだった。
しかし、引越しの1週間ほど前に準備を始めたあたりから、チビちゃんは部屋に帰ってこなくなった。
1日帰ってこないくらいなら何回かあったらしいが、1週間も帰ってこないということは、それまで1回もなかったことだった。
チビちゃんが出入りしていた窓の外は、建物と建物の間の隙間しかなく、ニンゲンが通れる場所ではない。
それでも随分と捜したらしいが、それきり、チビちゃんは帰ってこなかった。


その後チビちゃんは、裕子ちゃんの次の住人と、当たり前の顔でまた共同生活をしたのかもしれない。
次の人も、チビちゃんと仲良くできるニンゲンだったらいいのだけれど。
そして裕子ちゃんが屋移りしてから何年も経たずに、そのアパートは取り壊された。


チビちゃんはどうしているかな。
今でもときどき考える。
随分と昔の話なので、猫さんの一般的な寿命を考えると、もうすでに楽しいことばかりの世界に移り住んでいるはずだけれど。
今もどこかの、ごちゃごちゃとした路地の中の古いアパートの1室で、誰かと共同生活をしているような気がしてならない。
小さくて身軽な身体で、いつも少し開いている窓から出入りして、ルームメイトに時おり食料を運んでいるのかもしれない。

bar

あちこちで猫つき・犬つきの部屋に泊まったが、その中から2点。


タイのパンガン島のバンガロー。
2000thai012


くりくりの膝の上で寝てしまったので、くりくりは硬い椅子に変な格好で座ったまま動けず。
当たり前の顔で部屋のベッドでもグースカ。
この猫さんは他の部屋も渡り歩いて、万遍なく愛想を振りまいていた。

bar

バハマのビミニ島。
98caribbimini02


ヘミングウェイがいつも泊まっていたらしい部屋なのだが、中に入ったらベッドの上に、いきなり猫。
客(ワシだ!)が寝るときにも、まったくどかない。

— posted by hipi at 11:53 pm  

あっちにもこっちにも

らくさんの視線の先には
09042709


たっくん。
DSC01867


いつも元気に暴れているので、近所では『おたっしゃのたっくん』と呼ばれている。


テケテケとベランダを移動したイエヤマネコの視線の先には
09042711


ブニ。
buni090427


言わずと知れた、近隣一帯のボス。


らくや。
このあたりのボスはブニだけど、長屋の中ではらくがオレさま。
おしっこスプレーでアピールしなくても、アタナは安泰。
分かってくれないかなあ。

— posted by hipi at 11:58 pm  

トラックの荷台には

先日のこと。
ぎゃおす長屋の前に工事の車が止まったら、さっそく白黒さんが点検にやってきた。
DSC00807


最近、見かけるようになった子。
毛並みはちょっと汚れているけど、きれいな顔立ち。
DSC00813


白黒さんが退場した後は、入れ替わりで三毛ちゃんが。
DSC00878


この三毛ちゃんは、前からここの路地の住猫。
DSC00874


トラックの人が戻ってきたら、素早く荷台から降りるんだよ。
乗ったまま車が出発しちゃったら、戻ってくるの大変だからね。


去年の今ごろ、ラッキーちゃんはそれで迷子になってしまった。
幸いにも隣駅の住宅街で発見されて、3ヶ月だか4ヶ月ぶりかで帰ってこられたから良かったけれど。


走っていても停まっていても、車には気をつけるんだよ~。

— posted by hipi at 11:36 pm  

満開・大宮公園

母&母の旦那さん(以下、じいじ。茶々が来てからこう自称するようになったため)と一緒に、大宮公園で花見。
ナゼ大宮公園?
母は再婚して以来、埼玉県に住んでいるから。


大宮駅まで迎えに来てもらい、ホテルで花見懐石のランチを食べて、氷川神社にお参り。
今年の初詣のとき、深大寺でおみくじを引いたら『大凶』だったという暗い過去がワタシにはある。
もう一回引きなおしたら大吉だったので素早く立ち直れたが、正月から大凶なんて入れとくなよゴルァ!などと母と話しつつ、今日も氷川さまでおみくじをひいたら。
『大吉』だったよ!
うははははっ!


じいじは『平』だった。
平って初めて見たぞ。
母はひかなかった。
悪いのが出たらイヤだから、だそう。
ただの遊びですよ、お母様。


神社から隣接している大宮公園へ。
sakura09040785


sakura09040709


sakura09040760
満開

sakura09040740
新緑が綺麗

sakura09040754
葉っぱが出始めたころが一番好き

sakura09040787
まっ白の桜もあった

sakura09040792
きれいだね

じいじが座っていたら、ワルそうなカラスが寄ってきた。
karasu09040703


じいじの親友だそうだ。


***********************
公園を出て、母の家に向かう途中。
michi09040707
川縁に、菜の花と桜

michi09040736
川面に桜が映ってる

michi09040719
畑?沿いの道

michi09040726
ハコ乗りして撮ったよ

名所でもなんでもない普通の道なので、桜見物の人もいない。
大宮公園も良かったけれど、普通に、日常的にある景色が綺麗だった。
埼玉、いいところだね。


***********************
母の家に到着。
玄関先には、こんな寄せ植えが。
mamahana0904073
作 : 母・和子66歳

これは、いったい・・・。
ちっちゃい子が遊びで植えたようにも、奇才天才の渾身の作のようにも見える。
見ているうちに、ヘニャラ~と身体の力が抜けてきた。
センスがいいとか悪いとか、そういう次元では語れない、この絶妙のユルユル感。
凡人のワタシには、この組み合わせはとても思いつかない。
なんだか分からないけど、スゲエと思った。


家の中に入ると、網戸がこんなことになっていた。
chacha09040715


網戸を丸く切り抜いて、縁にはきったなくガムテープが貼ってある。
ぎゃおす長屋もいい加減ビンボくさいが、これはあんまりだ。
なんでこんなことになっているのかというと。
chacha09040707
庭から引きで撮影

茶々さま専用の離れを増築したためだった。


茶々は完全室内飼いだがお外に興味津々で、今までに何回も脱走をして、その度に大騒ぎになっている。
このケージは茶々が家に来たばかりのころ買ったもので、ぜんぜん使わないので処分しようとしたらしいが、外が大好きな茶々が思い切りお外の空気を吸えるように、庭で使うことを思いついたそうだ。
で、窓の前に高さを合わせたテーブル置いて、その上にケージを乗せて、室内から自由に出入りできるように網戸を切り抜いてしまったという。


母、大胆すぎだろー!
と思ったが、母曰く、「茶々が楽しそうだからいいのだ。」だそう。
「ママのアイディアなの!茶々はしょっちゅう別室に入ってるの!大好きみたいよ!」と、母もとっても嬉しそう。
chacha09040703
アタシだけの、はなれ

しかし見た目とか、ちょっとは気にしないのか?
この家はネコが喜べば何でもいいのか?


・・・いいんだろうなあ。
chacha09040710
じいじの膝の上で


— posted by hipi at 11:51 pm  

桜と猫と

近所の桜並木を見に行った。
sakura09040411


桜のトンネルのあちら側に向かって
「いっちゃん、綺麗だね」
と話しかけたら、頭の上から
「きれいよ、ぎゃおす」
と返事が返ってきた。
sakura09040404




*****************
散歩中の猫さんと遭遇。
hanamineko09040404


目が合ったら、こっちに来て
hanamineko09040401


すりすりごっちん
hanamineko09040414


かわええなあ~。
hanamineko09040415


道端でネコを堪能。
自分のうちのネコより、よその子のほうがたくさん触れるって、なんだかなあ。
09040444
サービス、してやってる、みょん

そうだね。
撫でると噛むけどね。

— posted by hipi at 09:21 pm  

T: Y: ALL: Online:
Created in 0.0304 sec.
2020.8
SMTWTFS
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031