ヒトベッドご飯とか、押し入れとか

ぎゃおす長屋、今日から夏仕様。
100503003


らくや。
爽やかなブルーも似合うね。
100503009
まーね



このあとらくさん、カイヌシの行くとこ行くとこ付いて歩いて、ご飯の催促。
しかしカリカリは、新しいのを入れたばっかり。
らくが好きなフードで、前回あげた一昨日は爆食していたもの。
それが丸々残っているのに、どういうことですか?


カイヌシ、ここで屈してはいけないと、ウォークマンで音楽を聞きながら無視に努める。
らくは長いこと、しつっこく鳴いていたけど、カイヌシが2階でPCの前から動かなくなったら、あきらめたらしくヒトベッドで寝てしまった。
勝った。
非常に珍しいことだが、カイヌシが勝利した。



しばらくのち、カイヌシがお茶をいれに1階に行って、山猫ご膳のお茶碗をチラッと見たときのこと。
何か違和感が・・・。
じっと見つめていると、どうもこれ、らくが好きなやつじゃないような気がする。


フードストッカーを確認すると、やっぱりで、ラクシュミーが嫌いで一粒も食べないやつだった。
開封したばかりなので、すぐに廃棄するのがもったいなくて、なんとなくストッカーの中に入れておいたもの。
らくが好きなやつとこれは、袋がどちらも同じくらいの大きさで同じ銀色だから、間違えた。


ということは。
らくのしつっこい「ちがうのー!」攻撃は、正当な要求だったんだな。


ラクシュミーが好きなカリカリを新しく入れて、らくーと呼んだが、ふて寝してしまったラクシュミーは降りてこない。
カイヌシ、ごめんごめんと言いながら、お茶碗を2階のらくのところまで出前した。
昨日、美帆ちゃんが猫ベッドまでご飯を運んでいるのを見て、どんだけ過保護だ(銀色は健康な若猫なので)と思っていたはずだったのだが。


ヒトベッドでふて寝中のラクシュミーの顔の前にお茶碗を置くと、らくさん、モノ凄い速さでがばっと起き上がり、ワシワシワシワシ食べだした。
100503055


猫がいっしょけんめ食べている姿を見るのは、いいものです。
心が落ち着く。
安心した気持ちになれる。


でも、ラクシュミーさんのバヤイは
100503043


100503046


ついつい、顔のインパクトに気を取られてしまう。
100503053


100503054


フカンから。
100503056




20gを一気に食べて、元気まんまんになったらしいイエヤマネコ。
やおらスックと立ち上がった。
100503084


押し入れに入りたいらしい。
100503094


以前は、押し入れの戸は開けっ放しだったのだが、押し入れの向こうは隣人の部屋なので、らくが中でガタガタやったら迷惑だろうと思い、ここ1年半くらいは戸を締めてある。
それでもらくは、今までに何回か自力で開けて、中で寝ていたことがある。
100503060


カイヌシは、開ける現場を見たことがない。
建具が古いので、つか、建物自体が古いのだが、戸はけっこう重い。
よく開けたなあと思っていたので、いよいよ今日は押し入れ開けの実演が見れるのかと期待していたのだが。
100503097


しばらくガンバっていたけれど、開けられなかったらしく、やめてしまった。


手を出さないで見ていようと思っていたのに、イエヤマネコが気の毒になり、つい戸を開けたカイヌシ。
気がつかず、あさってのほうを見ているイエヤマネコ。
100503103


らく、後ろ後ろ、戸が開いたよ。
と声をかけても、まだ気がつかない。
100503104


急にパッと振り向いた。
100503105


ぐるんと回って
100503106


入り口から長いことチェックしたあげく
100503111


100503113


100503120


中に入らず、撤退してきた。
100503125




押し入れの中には、ラクシュミーの天敵の羽毛布団が詰まっていたからだと思われる。
残念だったね。
ごめんよー。
でも他にしまっておくところがないんだよ。

— posted by hipi at 11:45 pm  

T: Y: ALL: Online:
Created in 0.0167 sec.
2010.5
SMTWTFS
      1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31