[ カテゴリー » 王様いっちゃん ]

いっちゃんとらくと一緒に

もしもいっちゃんがこちらの世界で元気でいて、この部屋でラクシュミーと暮らしていたらどうだったかな。 
いっちゃんの場所はどこだろう? 
お気に入りの場所をめぐって、らくとケンカしたりするかな。 
それとも仲良く、くっ付きあって寝てたりしたかな。 
 
窓辺でらくと並んでいっちゃんも、いっしょけんめ外を見張るかもしれないな。 
らくと競争で階段をダダダと駆け上がり、屋上でゴロンゴロンの日向ぼっこも、きっとするよね。 
 
いっちゃん、ここは好きですか? 
この部屋で、眠ったり遊んだり寛いだりするいっちゃんの姿が、あちらこちらに見えるよ。 
07010704




************************** 
今日、東京では雪がちらついたところもあったそうだが、セタガヤでは初雪ならず。 
この冬は一回も雪を見ていない。

— posted by hipi at 11:40 pm  

金色に輝くいっちゃんの翼

CDを聞きがら通販雑誌を眺めていたら、かけていた曲とはまったく関係なしに、脳内で『翼をください』が流れ始めた。 
なぜ、この曲? 
唐突すぎーっ! 
あきれながらも脳内音楽に合わせて歌っていたら、今度は涙がダバダバと流れ始めた。 
 
いっちゃんは背中に生えた白い翼をはためかせながら、悲しみのない自由な空に飛んでいったんだ。 
いっちゃんが幸せなら、それは何より。 
目出度いことだ。 
 
だからワタシ悲しむ必要はないのだけれど、悲しみのない空をいっちゃんと飛びたくてダバダバになったのかもしれない。 
分からない。 
でも、ダイジョウブ。 
いつかいっちゃんの背中に乗って、ワタシも行くから。 


*********************** 
今年になってすぐに、いっちゃんの写真を階段に飾った。 
2階から差し込む夕日で、金色に輝く王様。 
神々しい。 
うっとり・・・。 
P1066950


いっちゃん、日向ぼっこしながら君臨してます。

— posted by hipi at 11:25 pm  

ラクシュミー女神は大人向け

昨日の続きの手首。 
昨夜は湿布して寝たのでだいぶ良くなったが、なんといっても手は一番大切な商売道具。 
念のために整形外科へ。 
レントゲンを2枚。 
腱鞘炎かと思っていたが、ナンタラカンタラ関節炎だそうだ。 
ワタシは手首の関節の軟骨部分が狭くて、使いすぎると炎症を起こしやすい体質なんだそうだ。 


へ~。 
知らなかった。 
手首が痛くなることはしょっちゅうあるが、医者に診てもらうほどの状態になることはめったにない。 
前回は、いっちゃんのお腹マッサージを毎日2時間くらいしていたらかなり痛くなったので病院に行ったが、そういうことは言われなかった。 
そうか~。軟骨か~。 
そういや軟骨って、年と共に減るんじゃなかったっけ? 
 

商売道具は重いし(20kg弱)、手を使う仕事だし、手首に負担がかかっているのは確かだと思う。 
これからは少し気をつけよう(←治ったら忘れる自信がありますが)。 


070108053


午後から渋谷で仕事の打ち合わせ。 
帰りにたまに服を買う店に寄り、ラクシュミー女神のTシャツとかは入荷してないですか~?と聞いたら、 
 

「ラクシュミーは大人向けのデザインになってしまうので・・・あまり作っていないんです。」 
 

って言われたよー。 
そうかー。 
ここは子供服の店だったのか。 
オトナのワタクシは、知らずに買ってたな~。 
しかしラクシュミー女神だと大人向けのデザインになってしまうというのが、よく分からん。 
若者のセンスだとそうなの? 

 
でも買ったよ。
約一万六千円ぶんの子供向けの服をな~。

— posted by hipi at 11:16 pm  

T: Y: ALL: Online:
Created in 0.0227 sec.
2018.11
SMTWTFS
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930