[ カテゴリー » カイヌシ » 猫集会 ]

貴族もびっくり耽美な花見

今日はMayu-☆さんLink のルーフバルコニーで、バラのお花見会。
ワラワラと集まった花の妙齢ズは、Mintmama!Linkマダム・スタルカLinkサエコポンLink
Mayu-☆さん宅に到着すると、皆さんもうお揃いで、またもやワシが一番ビリ。
お部屋に入り、ニンゲンの皆さんへの挨拶はテキトーにやって、スペシャルゲストのメイちゃんにだけはちょっと丁寧にご挨拶をし、さっそくルーフへ。


窓の前に立つだけで、目に飛び込んできたその光景。
DSC04535


あはは。
あははははは。
あははははははは~。


スゲい!
あまりのスゴすぎる光景に、思わず笑う。
DSC04541
写真では美しさを伝えきれない

百花繚乱、咲き乱れるバラたち、そこに絡むクレマチスや小花たち。
ルーフバルコニーなので、当然みな鉢植えなのだが、目隠しをされて連れてこられてこの花たちを見たら、普通に地植えだと思うだろう。
みんな元気いっぱいに、のびのび大きく育っている。
バラも、鉢植えでこんなに育ってこんなに咲くものだとは知らなかった。
つるバラだってガンガン伸びて、バンバン咲いている。
なんじゃこりゃー!


バラを含め花たちを見事に咲かせただけでは、こういう景色は作れない。
ワタシが鉢を並べると、ホームセンターの花売り場のようになってしまう。
Mayu-☆さんは、花のチョイスもさることながら鉢の配置が絶妙で、配色も綺麗だが、鉢が見えないように上手に置いてある。
この光景は、彼女のセンスの賜物だろう。


あっけにとられてヘラヘラ笑いながら見ているうちに、ふと疑問が湧いた。
Mayu-☆さんは昨年の夏から秋にかけては、クータンのお世話に全力投球していたので、バラたちの世話はほとんどしていなかったと聞いた記憶があるのだが。
それでもこんなに咲くんだなあ。


クータンが大好きだった、Mayu-☆さんのルーフ。
日向ぼっこしながら、ルーフよりもっともっと大好きなMayu-☆さんが花の世話をする姿を、眺めていた場所。
バラが寂しいと、Mayu-☆さんも寂しい。
バラが咲き誇る姿は、Mayu-☆さんを元気にする。
クータンは知っていたと思う。


クータンが、ルーフに魔法をかけた。
Mayu-☆さんが笑顔になる魔法。
咲き乱れる花々を眺めながら、そんな気がしていた。
(Mayu-☆さんの腕はどうしたという話しになるがな。)


室内に戻ると、テーブルがセッティングされて、お料理が美しく並んでいた。
どれもみな美味しそうで、食べたらほんとに美味しかった!
使われている素材自体は、特別に珍しいものではないようだけど、調理や味付け、盛り付けがハイカラなのだ。
Mayu-☆さんは、やること為すことオシャレな人だ。
しかし実はワタクシ、どういうお料理なのかよく理解していないまま「ウマーっ!!」と食べまくっていて、先ほどマダムのブログLink でやっと詳細を確認。
Mayu-☆さん、サエコポン、マダム、Mintmama!がレシピの教えっこをしている間、ワシ、ぜんぜん聞いていなくて、ひたすら食べていたからな。


しかしワタクシは、食べていただけではない。
メイちゃんにしっかりちょっかいを出していた。
そのために、メイちゃんに一番近い席(お誕生日席だった)に陣取ったのだ!


ご馳走をいただきながら、レシピの話はぜんぜん聞かないで、下心まんまんでメイちゃんを見つめるワシ。
メイちゃん、目つきワルくてカワエエ~♪
と喜んでいたら、Mayu-☆さんがメイちゃん用の生の牛肉を出してきた。
チャーンス!
Mayu-☆さんからお皿を奪い取り、千切ったお肉を私の指先に乗せてメイちゃんのお顔の前まで持っていくと、メイちゃん、ペロンと舐めとって食べてくれる。
うひひひひ~。かわええー!!
ああこの感触、ひさしぶり。
いっちゃんもよくこうやって、ワタシの手や指から食べてくれたな。
らくは、やってくれない。
つか、ほっといてもガガガガーっと食べるから、手から食べさせようとも思わないが。
DSC04498


DSC04504


DSC04510


DSC04520


DSC04531


メイちゃんは、撫で撫でもさせてくれる。
調子に乗って抱っこして膝に乗せたら、それはイヤだったようでパシっと逃げて、爪とぎダンボールでバリバリバリっとものすごい勢いでツメを研いでいた。
すごいストレスだったらしい。
ごめんね、もうしないよ~
そう言いながら、窓辺の定位置に戻ったメイちゃんをしつこく撫でていたら、接待猫の彼女もさすがに我慢の限界だったようで、あからさまに迷惑そうな顔。
や。すまんすまん。
うちではあんまり猫に触れないもんで、つい。


美しいバラと、美食と、目つきの悪い美少女猫というパラダイスをウハウハと堪能して、皿一枚洗わずに帰ったワタシ。
お腹いっぱいで、晩ご飯を食べなくても済んでしまった。


Mayu-☆さん、メイちゃん、Mintmama!、マダム・スタルカ、サエコポン、心にも身体にも栄養たっぷりの1日をありがとう~♪

— posted by hipi at 11:40 pm  

栗ご飯の宴~高層の狙撃手

本日、サエコポンLink ちで栗ご飯の宴が行われるという。
満員御礼で応募はとっくに締め切られていたが、指を咥えて「栗ご飯・・・」とつぶやいていたら参加の許可をゲット。
うっしっしーとお出かけしたのに、なぜか2時間もの遅刻。
おかしいな。
計算では1時間の遅刻で到着できるはずだったのに。


サエコポンちに着くと、すでにマダム・スタルカLinkどりちゃんLinkまりきちさんLinkみみ母さんLinkアンママさんLinkMintmama!LinkTAMIさんLink がお揃いで、楽しげに盛り上がっている。
そして一方、サエコポンちのお坊ちゃま、タラネンコさまはといえば。
箪笥の上から鋭い目つきで、ちょっとの気の緩みも無く、ギンギンになって室内を見下ろしているのであった。
tarachan0811155
だれのシマでさわいでるんじゃあ

tarachan0811152
アンタラむちゃくちゃやー

あああタラネンコさま。
長い手足、筋肉質の引き締まった身体、ヌメヌメと輝く毛並み、なんてステキ♪
でもっていつもいつも、お騒がせして申し訳ない。
そう謝ったのだけれど、謝るために近づいたのが更なる怒りとなってしまったようで、
「シャー!おとといきやがれ。シャー!シャー!!シャー!!!」と。
サエコポンが様子を見に来てくれて、ヨシヨシとタラちゃんを宥めていると、くっ付いてきたTAMIさんが後からタラちゃんのお尻をツツツと撫でたら。
タラネンコさまのお怒りが大爆発。

バシバシバシっと、サエコポンを高速連打でブン殴った。
「アナタ誰を殴っているの?私でしょー。」と言うサエコポンを、更にバシバシバシっとブン殴るタラネンコさま。
あまりの怒りに、サエコポンまでが悪の一味に見えたよう。
本気で気が立ってらっしゃるようなので、がっくりと肩を落とすサエコポン、うろたえるTAMIさんと共に、ニンゲン3人はスゴスゴと退散。
それからは、『タラちゃんにしつこくしない、かまわない。』という家主の教えを守り、ニンゲンは食べることに専念したわけだが、タラちゃんは相変わらず緊張MAXで見張り続け、そのうちどっと疲れたご様子で別室に移動。


その後もニンゲンたちは盛大に食べて食べて食べて、どれもみな美味しくてワタクシなど1週間分くらいの栄養を摂取させてもらい、そろそろお開きムードになった頃。
廊下の先から、TAMIさんの悲鳴。
帰り支度で荷物を取りに、玄関横の部屋に入ったら、ベッドの下からタラネンコさまが飛び出してきて一撃をくらったらしい。
TAMIさんが「バッグが取れない~」などとカワイイことを言うので(バッグはベッドの上にあった)、じゃあワシが取ってやるけんと件の部屋に足を踏み入れたところ、なるほどベッドの下から目にも留まらぬスピードで、タラネンコさまがニョルーン!と飛び出してきて、ひぃっと思う間もなく、スポンと戻っていった。


こ、怖かった・・・。
イエネコというには、あまりに鋭い&素早い身のこなし。


「ジャングルを歩いていると、足元のブッシュから何かが飛び出してきて、ワタシを鋭く威嚇したのちまた草むらに戻っていきました。
その間、わずか0.5秒くらいの出来事でした。
あれはいったい、なんというイキモノだったのでしょう・・・・。」


そんな感じであった。
ああタラネンコさま。
なんて面白い。
TAMIさんのあとも被害者続出ながらも、みな襲われて
「キャー♪こわーい♪♪」「キャー♪タラちゃ~ん♪♪」
などと喜ぶばかりで、タラネンコさまのご心労&ご苦労はいかばかりであったことか。
サエコポンに抱っこされているときのタラちゃんは、甘々のお坊ちゃんのお顔なのにね。


大騒ぎをしつつ、やっとそれぞれ荷物&コートを手にし、お土産までいただいて、日がとっぷりと暮れた頃、やっとおいとま。
下駄箱の上で最後の見張りを勤めているタラちゃんに、今日も長い時間うるさくしてごめんねとご挨拶をすると、
「にどとくんな」
という声が聞えた気がした。
いやもう本当に申し訳ない。
次回こそはキャーキャー言わず、大きな声も出さず、背後からそっと近づいて一瞬触ってぱっと逃げるなんていうこともせず(これは今回も自粛したが)、ガン見もせず、大人しくしているからまた呼んでください。
お願いします。


******************
まりきちさんからいただいたガマグチポーチ。
プロも裸足で逃げ出すような丁寧&綺麗な仕上がりに、イエヤマネコもびっくり。
08111621




— posted by hipi at 11:03 pm  

原画展と、たろうさんと

銀座にお出かけ。ご隠居さまの原画展へ。
原画を間近で見られるのは、とても楽しい。
会場ではマダム・スタルカLinkタイピィさんLinkお局様LinkanjyulittleLinkてれじあさんLinkしじみさんLink とお会いできたのも嬉しかった。


たろうとさちさんの『さちさん』を会場にお誘いしていたので(というか体育館の裏状態でほとんど呼びつけたのだが)、原画展でお会いした後、お茶に付き合っていただいた。
さちさんのたろうさんは、先月、9月26日にレインボー号に乗船したのだった。
20歳か21歳だった。


さちさんのお話しの端々からは、たろうさんとさちさんの絆の強さがにじみ出てくる。
さちさんは正直で、とても優しい。
さちさんはたろうさんと一緒にいろいろなことを乗り越えて、成長して、素敵な女性になったんだな。
そう思いながら、たろうさんのことをたくさん聞かせていただいたのだけど、お話しを伺うほどに、もっともっとたろうさんのことが知りたくなってくる。


さちさんの最愛の相棒、たろうさん。
可愛い、可愛いたろうさん。
さちさんと会わせてくれて、ありがとう。

— posted by hipi at 11:12 pm  

夏だ!目黒だ!!猫だらけ!!!

らくや。
梅雨が明けたんだって。
夏本番なんだって。
暑すぎて昼間の屋上は、しばらく無理だね。


しかしカイヌシ、果敢にも、屋上よりも遠い場所にお出かけするのだ。
ナゼこんな灼熱の日に?
だって、『第2回十猫十色猫だらけ展Link 』が開催されているから!!


ってことで、果敢というかほとんどヤケクソで、まっ昼間の熱波の中を歩くワシ。
自宅から最寄り駅までの5分は、熱せられてノーテンかんかんになりつつも乗り切った。
で、目黒駅に着き、覚悟して外に出ると、あら?
なんだかいくぶん、涼しいような・・・?
時間は午後4時。暑さのピークは過ぎていた。
余裕でテクテク、迷うことなく到着。


会場は、静かな住宅街の中にある一軒家だった。
豪邸ではなし、凝ったデザインの家でもない。
ちょうどよく普通で、ちょうどいい古さで、ちょうどいい広さ(狭さ)で、窓の外は緑。
好きー!すっげー好き!!
ワタシは古い建物が好きだが、古ければいいってもんでもなく、しかしこの家は周囲の環境も含めてツボであった。
いいなあ。
いくらあれば買えるんだろう。
目黒駅から徒歩5分だからな。
今生では無理だってことしか分からん。


会場の中に入って。
十猫十色猫だらけ展の作品は、みなレベルが高かった。
来年あたりはサザビーズが買い付けにくるかもなので、購入するなら今のうちかもしれない。


ワタシはmoomamaLink 作の、目つきの悪い猫が描かれた蝋燭立てに以前から目をつけていたのだが、やはり人気の品で他にも目をつけた人が多数いたらしく・・・。
売れてしまっていた。
他にも『この目つきも悪くて好きー!!』な小皿があったのだが、それも売約済み。
ここでワシは、moomamaに大声で宣言した。


「な?目つきの悪い猫シリーズ(モデルはめいたん)はぜったいに売れるって言ったじゃーん!
もうこれからバンバン作りなさい。
なんならデザイン料をがっぽり取って、『目つきの悪い猫Tシャツ』とか、『目つきの悪い猫トートバッグ』とか『目つきの悪い猫エコバッグ』を企業に作らせてもよろしい。
作るそばから完売だよ!ウハウハだよ!!
時代は『目つきの悪い猫』!
時代が『目つきの悪い猫』を求めてる!!
で、とりあえずはね、『目つきの悪い猫箸置き・5個セット』を作って、ワタシに売りなさい。」


moomamaは分かった分かったと笑っていたが、ほんとに分かっているのだろうか?
あ、今これを書きながら思いついたが、バンダイとか海洋堂みたいに、『目つきの悪い猫フィギア(陶器だけど)シリーズ』なんてどうだろう?
でもそれ、moomamaが1個1個粘土を捏ねて色をつけて窯で焼くのか・・・。
ううむ。
目つきの悪い猫ビッグウェーブを起こすには、生産性の面で、少々作戦が必要かもしれない。


**************************
会場では、TAMIさんLink と初めて会えた!
なぜかすれ違いばかりで今までお目にかかったことがなくて、今日、会場で紹介してもらったときには嬉しくて、ワタクシわやわやになってしもうた。
到着したばかりで汗ばんでいたのに、思わずTAMIさんに抱きつくという狼藉を働き、そしたらTAMIさんがぎゅってしてくれて、ああこの手でハル様を包んでいたんだなと思ったら涙が出そうになったので慌てて離れて、
「ハル様にはとてもお世話になって・・・ハル様からはいろいろなことを教えていただいて・・・ぎゃおすはハル様にずいぶんと助けてもらってて・・・ハル様ハル様ハル様ー!」と、くどくどと繰り返したり。
で、あとから気がついたのだが、TAMIさんへのお礼を言った記憶がない。
でもハル様の魂とTAMIさんは同一なので、その点に関しては、TAMIさんは許してくれると思う。
ただ、TAMIさんに抱きついたときのワタクシが、臭かったりベトベトしたりしていたかもで、それに関してはどうだろう・・・。


megmegさんLink と一緒に、外のテラスでアイスコーヒーをいただきながら外道行為(喫煙)をいたしましょう♪と相談がまとまったのだが、お金を払う段になり、
「あ、細かいのがない~。」と言ったら、megmegさんがおごってくれた。
計画的犯行じゃないよー。
ごちそうさまでした♪うふ♪


他にもreiさんLinkミケさんLinkマダム・スタルカLinkMayu-☆さんLinkてれじあさんLinkまりきちさんLinkみかりんLink にも会えて、とても楽しい時間だった。
そして一方、たった今、もしかしたらもしかしてお名前が漏れている方がいたらどうしよう・・・という一抹の不安が。
もしいらっしゃったら、ごめんなさいごめんなさい。
普段から海馬がザルなんだけど、たくさんの方とお会いするとたちまち舞い上がってしまい、ザルの目が特大に広がるんです~。


帰りは、かりさんと一緒に新宿まで。
初めてお会いしたのだが、道中、とても楽しくおしゃべりさせていただいた。
かりさんの先代の猫さん、お写真を会場で見せてもらったが、丸いお顔で穏やかな表情のとっても可愛い猫さん。
それから新しく迎えた、チビちゃんたちのお話。
えーとえーと、先代丸猫さんは、『せ』のつく2文字のお名前で・・・。
チビちゃんたちは、かげちゃん(かげたろうちゃん?)と、ききょうちゃん。
って、うああああ~!お名前が~お名前が~!ごめんなさい!!
かりさん、ぜひぜひ今度bbsに、猫さんたちのお写真を貼ってください。
音声は、ザルの目を通り抜けてしまうらしいです。
画像でしたら私の海馬も記憶します。


新宿駅でかりさんと分かれてから、労働で使う小物を捜しにちょっとルミネをのぞいたのだが、セール中の混雑に負けて何も買わずに帰宅。
玄関を開けると、目の前にらくさん。
ただいま~♪
yumekoubou0807191
moomamaの作品。1階のぎゃおす祭壇へ。

yumekoubou0807192
こちらは豆地蔵さま。良いお顔。

yumekoubou0807193
豆さまは2階の祭壇へ

08072006
目つきの悪い猫@ぎゃおす王国


— posted by hipi at 10:13 pm  

ねこまた家の唐突なイングリッシュガーデンの謎について

ぎゃおす屋上農園で余っているワーレンベルギアを、今日自転車でちょちょいと運んでねこまたさんLink に押し付けてくる予定だったのだが、朝から大雨。
どうしよう~とねこまたさんにメールしたら、「旦那の運転で車で取りに行く」と申し出ていただいたので、
「ほんとー?悪いわね~。」とお言葉に甘えることに。


長屋周辺の、一通の多いクネクネ細い住宅街の中まで車で来させた上に、旦那様を車で待たせたまま、ねこまたさんだけ長屋に到着。
ねこまたさんが部屋に入った直後、らくは2階から階段を降りてきたが、ねこまたさんを見つけるなりフリーズして普段からのびっくり顔をさらにびっくりにして、あっという間に2階へ駆け戻ってしまった。
姿が見えたのは、ほんの一瞬。
いつも通りにアイソのないイエヤマネコのことは放っておいて、ワーレン3株を車に運ぶ。


ワタシは明日の仕事の集合が『幡ヶ谷にある某社、9時』だったので、今日はこのあと仕事道具を幡ヶ谷駅のコインロッカーに入れに行こうと思っていた。
仕事道具は重くてかさばるので、朝8時台という一番混んでいる時間の電車に乗るのは、非常に困難だからだ。
そのことをねこまたさんに話すと、車で幡ヶ谷駅まで送ってくれると言う。
「ほんとー?悪いわね~。」と再びお言葉に甘えることに。
車中でねこまたさんが、
「ひぴさんです。」
と旦那様に紹介してくれたとき、ワタクシちょっと緊張してしまい、
「変な名前ですみません・・・。でも奥さんなんて『ねこまた』ですよ『ねこまた』!」という暴言を吐きつつ、幡ヶ谷駅へ。


幡ヶ谷駅に到着すると、さらにねこまたさんご夫妻は、帰りも車で送ってくれるという。
「マジで?悪いわね~。」と三度お言葉に甘え、
さらにさらに「うちでお茶でも」というお申し出に、
「きゃあああああ~。ほんとに?ほんとにいいの~?」と大喜びで、ホイホイとご親切に甘えることに。


・・・つか、今書いてて思ったのだが、甘えすぎだろうワシ・・・。
だってさ、「うちでお茶」という言葉を聞いたとたん、ワタクシの頭の中には、おしりちゃん・こしりちゃん・ちぼりちゃん・こちびちゃんが、踊りながらメリーゴーラウンドのようにクルクル回り、ワタシに笑いかけているという、魅惑の絵が浮かんでしまったのだもの。
ワタシは確かに図々しかったが、それも仕方がない。


で、ニタニタしながら旦那様が運転する車にまたもや乗り込み、一路ねこまたさんちへ。
リビングに入ると、ソファにはさっそくおしりちゃんがーっ!


おしりちゃんは、穏やかでゆったりしていて、お顔が猫離れしている(目も離れている)。
表情がとってもヒトっぽくて、猫を越えた不思議な雰囲気。
嫌がらずにいつまでも撫で撫でさせてくれるし、くんかくんか匂いをかいでも怒らないし、ぜんぜん逃げない。
ありがたやありがたや~。


こしりちゃんは爆裂ヤンキー娘かと思っていたが、抱っこもさせてくれて、ふわふわふかふかで、女の子な感じがいっぱいだった。
そしてお顔は、らくに似ている・・・。わはははは~。
こしりちゃんのほうが、おっとりと女の子っぽくて、びっくりもしていないのだが、お顔の造作がらくと同じカテゴリーのような。
誕生日も同じだし、本気で遠い血縁かもと思ったほど。


ちぼりちゃんは、子供の頃はおしりちゃんに似ていたと思ったけど、今はしっかり『ちぼりちゃんオリジナルのお顔』になっている。
で、噛み猫さんかと思っていたが、ちゃんと撫で撫でもさせてくれるし、がぶがぶもしない。
我慢していたようなお顔はしていたけれど、イエヤマネコのようにスっ飛んで逃げることはない。
ベランダでのんびりお昼寝する姿が、とってもラブリーだった。


こちびちゃんは、一番小柄で、一番シャイ。
ねこまたさんが抱っこして連れてきてくれたのだが、「アナタいったいだれなのよう~。」という目でワタシを見て、にゅるんと逃げて、同室は拒否。
それでもワタクシ、手を伸ばし鼻も伸ばして、ちょっとだけだけど撫で撫でし、素早くにおいもくんくんさせてもらった。
こちびちゃんは、当然ながら怯えていた・・・。怖がらせてごめんね。


お猫様たちを堪能したあとは、広々としたベランダに勝手に出てタバコを吸い、持って来たワーレンを勝手に鉢ごと壁掛けに入れてフェンスに引っ掛けるワタシ。
調子に乗って、これはここ~とやって、一歩下がって様子を眺めているときにハッと気が付いたのだが、ワタシが花を引っ掛けた場所には物干し用の金具があるではないか。
「これじゃ洗濯物が干せないね~。」というと、ワタシの勝手をニコニコしながら見ていたねこまたさんは、やはりニコニコしながら「じゃあこっちに~♪」と言いながら、反対側のフェンスにワーレンを移動したのだった。


ねこまたさんてば、なんて大人で穏やかなヒトなんだろう。
でも、言ってもいいと思うぞ。自分ちのベランダなんだから。
「そこダメ。こっち!」とか、言ってもいいと思うぞ~。


それにワーレンは花とはいえ、まだ蕾で咲いていないので、姿はほとんどただの草。
しかも育ちすぎてボーボーで、限りなく雑草チック。
かわゆい園芸種のお花が並ぶねこまた家のベランダでは、はっきり言ってかなり浮いてる。
そこだけ唐突に異空間。
眺めながらワハハと笑ってしまったが、あまりの浮きっぷりに、これはマズイ、誤魔化さなくてはならんと焦る。


「そこだけちょっとワイルドになっちゃったけど~。え~とお・・・。」と困っていたら、ねこまたさんが
「イングリッシュガーデンな感じ~♪」と続けてくれたので、すかさずそれに飛びついた。
「そうそうそうそうそう!イングリッシュガーデン!!まさしくイングリッシュガーデン!!!」
ねこまたさんもニコニコと「うんうん、イングリッシュガーデン」と。


ワタクシ、イングリッシュガーデンがどんなのか知らんけど、響きがオサレなので採用してみた。
でもたぶん、ワーレンのこの浮きっぷりとは違うと思う・・・。
が、確かに種は、イギリスの種屋のものだ。
だからまったくの嘘ってワケではない。
それにしても、ベランダの雰囲気をぶち壊されているのに、フォローをしてくれるねこまたさんってスゲい。
080525
参考資料。イングリッシュガーデンなワーレンベルギア

080525b
花はこんな。咲いてもワイルドなままかも



ベランダからまた部屋に戻り、おしりちゃんをたっぷり撫で撫でしながらコーヒーとお菓子までいただいて(ねこまたさんはコーヒー淹れるのヘタと言っていたが、ぜんぜんそんなことない、美味しかった。)、ワタクシそろそろ・・・と立ち上がると、家まで車で送ってくれると言う。
いくらワタクシでも、それはさすがに図々しすぎると思ったのだが、ねこまたはんの穏やかな笑顔を見たら、つい
「うん!ありがと~!」と答えてしまった。
そして三度、旦那様の運転で長屋まで送ってもらったのだった。


ねこまたさん、旦那様、おしりちゃん、こしりちゃん、ちぼりちゃん、こちびちゃん。
せっかくの休日に、お騒がせいたしました。
いろいろ振り回してしまってごめんなさい。
ありがとね~!


でもやっぱ、ちょっと親切に甘えすぎた気がする。
願わくば、ねこまた家の壁・ぎゃおす長屋の方向に、魔よけのお札が貼られていませんように。


次回は、しっかりデジカメ持って突入しようっと♪

— posted by hipi at 10:14 pm  

T: Y: ALL: Online:
Created in 0.0457 sec.
2018.1
SMTWTFS
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031